第67回 朽木のトチノキ巨木林に関する調査〔10月編〕

 趣旨

 自然地理研究会10周年にあたる節目の今年度は、滋賀県高島市朽木をフィールドに継続的な調査活動を実施しています。近年,地域のシンボル的な樹木としてトチノキの価値が見直され、それを活かす動きが現れています。一方で、トチノキの巨木が存在する地域では、トチノキと住民との深い関わりが歴史的に持続してきた側面も示唆されます。

 今年度の調査活動では、トチノキ巨木林を有する朽木を対象としてトチノキの生態的、文化的な価値に焦点をあて、人とトチノキの関係性を動かす諸事象を探っていきます。

  [本調査活動の一部は財団法人国際花と緑の博覧会記念協会の助成を受けています]

 朽木では近年トチノキ材の高騰や山林の利用が減少したことなどを背景にトチノキ巨木の伐採が起こり、それが問題視される中でトチノキ巨木の価値が見直されるようになりました。

 今回は複数の伐採現場を見学することで、伐採が現地の自然環境にどのような影響を与えているのかを実際に観察します。

 案内者

  • 青木繁(朽木いきものふれあいの里 館長)
  • 田中孝明(京都大学工学部)
  • 井出健人(京都大学文学部)
  • 飯田義彦(京都大学大学院地球環境学舎)

 座学の概要

日時

2011年10月13日(木)

場所
京都大学稲盛財団記念館
参加者
12名 (学部生4 [文1;工1;立命館大学-文1;奈良大学-文1]、 院生4 [農1;人環1;AA研1;地環1]、 教職員4 [AA研4])
内容

  • 調査地,装備などに関する説明(飯田)
  • 巨樹伐採について(井出)

 野外実習の概要

日時

2011年10月16日(日)

場所
滋賀県高島市朽木
参加者
10名 (学部生3 [文1;工1;立命館大学-文1]、 院生5 [農1;AA研3;地環1]、 教職員2 [AA研2])
行程
稲盛財団記念館南側駐車場に集合→出発→現地到着、青木さんと合流→調査地へ移動、見学(2箇所)→昼食(持参)→移動、見学(1箇所)→見学終了→くつき温泉「てんくう」に移動、入浴→京都に向けて出発→京都にて打ち上げ

 報告

今回は、朽木のトチノキ巨木林に関する調査の一環として、朽木地域におけるトチノキの巨木の伐採跡地を見学しました。

顔合わせと概要の説明を行います。これから一日の実習が始まります。

案内者の青木繁さん(朽木いきものふれあいの里館長)と、神社で合流し、調査地の説明を受けます。午前の実習は、いきものふれあいの里の職員さんやボランティアさんたちも同行することになりました。

今日は3つの現場に行きます。早速一つ目の谷へ向かいます。日本全国の森林にもみられるように、朽木の森林にもスギ人工林が広がっています。トチノキの巨木は、このような人工林を抜けた先の谷の奥に生えています。

現場に到着しました。写真で、向かって右側の斜面の木が広い範囲で伐り倒されています。直径が1mを超すような木材を伐り出すためには、その周囲も事前に伐っておく必要があるとのことです。

現場の谷底に、木材の伐れ端を見つけました。巨木となるトチノキにも、木目によって高価なものとそうでないものがあるそうです。

先ほどの木材を見つけた場所から斜面を見上げたところに、トチノキの伐り株を見つけました(画像中央下部)。トチノキは枝を広く張るため、一本が伐られるだけでこのように広い範囲が日なたとなります。

現場で青木さんのお話を聞きます。これまでの朽木での調査地もそうであったように、今回の谷もこのように斜面の迫った急峻な場所です。

伐り株の場所まで登ってみました。近くで見ると、相当に大きな個体だったことがうかがえます。

近くに別の巨木を見つけました。斜面を横切って近くへ向かいます。

もう一つの巨木です。中に人が入れるほどの空洞ができていました。このように穴があいたり、枯れたりした個体は、巨木であっても木材としての価値が低いため伐採されないことが多いようです。

次の現場は隣の枝谷です。いったん道路まで戻ってからもう一度谷筋を登って行きます。向かう途中で、トチノキの材がまとめられていました。放置されていたものを青木さんたちがまとめたそうです。

次の伐採現場です。画像中央奥に伐り株が見えます。さきほどの現場同様、斜面が開けているのがわかります。

伐り株の近くまで回りこんでの一枚。

昼食は各自で用意したものをさきほどの神社で頂きます。よく晴れて気温もほどよい、絶好の実習日和となりました。

昼食後に神社鳥居前で記念の一枚。午後も頑張りましょう!

午後の現場へは安曇川支流の川を渡って向かいます。橋が無いので、長靴で川をわたります。前日までの雨で増水が心配でしたが、なんとか渡れました。

この谷の入り口にも、スギの人工林が広がります。幹に巻かれたビニールテープは、クマがスギの樹皮を剥ぐ「クマ剥ぎ」を防ぐためとのことです。

谷を登る途中で不自然な水たまりを見つけました。土が掘り返されてドロ水が溜まっています。野生のイノシシやシカが、体表に泥を擦りつけて毛についた虫を落とすための場所で、「ぬた場」と言います。

今回の見学地となった谷の急峻な斜面の様子がよくわかります。

炭焼き窯の跡を見つけました。石で組まれた基礎が残っています。かつて朽木では炭焼きも盛んに行われていました。

左右の斜面が迫り、谷の奥にやってきたことが実感できます。現場まであと少しです。

現場に着きました。この谷は、朽木でも特に多くの巨木が分布していた谷でした。群生していた巨木を一斉に伐り出したために、奥側の斜面が大きく開けているのがわかります。画面中央奥の森の入り口まで、高い木の全く生えていない空き地が広がっています。

巨木の用材を搬出したときに伐られたほかの木や、トチノキの枝が斜面に転がっています。

伐採跡地では、クサギなどの草木が生えてきています。

斜面の最上部に、朽木でも最大級とされるトチノキが伐採された伐り株がありました。直径は2mを超えています。

先ほどの伐り株で集合写真です。大人が10人ほど乗れるくらいの大きさであることからも、相当な巨木であったことがうかがえます。

斜面の上部に広がる平坦な空間で一休み。周囲の植生や景観を観察しています。

そのさらに上部にも伐り株がひとつ。これも直径2mちかくの巨木だったようです。

 この谷は、山を越えて集落間を移動するために用いられていた峠道の経路でもあります。道路が整備される前には多くの人の往来があったようです。現在は、登山道として整備されています。 帰りは、谷からはずれて、斜面を通る登山道をつかって降りていきます。その途上でも、トチノキを見つけました。

行きと同様に川を横断して戻って行きます。

恒例の、温泉前で集合写真。今日は特に疲れました。みなさん、本当にお疲れ様でした。

京都に戻り、稲盛記念館ちかくの居酒屋で打ち上げです。ビールが美味しい!

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン