トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ヤウンデの通信

通信

電話

CAMTEL (旧名INTELCAM)で掛けるのが便利(ホテルからも掛けられるが割高である)。ここで電話をかけるには,まずカウンターでテレホンカードを買う。一枚2000,4000,6000CFAのカードがある。このカードはCAMTELの中の電話ボックスでしか使えない。6000FCFAので日本と3分ぐらい喋れる。けっこうすぐつながる。CAMTELからかけるときは国際番号の前に何もつけない。81-75-753...というふうにかける。

ファックス

ファックスはCAMTELで送受信が出来たが、ファクスのサービスがなくなった(2006年7月現在)。ホテルにファックスを置いてあるところがある。

手紙

中央郵便局(PTT),CAMTELの中の郵便局,Nlongkakの郵便局などで出した。日本への郵便は手紙450CFA,葉書200CFA。だいたい10日から2週間で届くが、届かないこともままある。

民間のバス会社を利用して、カメルーン国内に手紙や小包を送ることができる。郵便よりも早いということで、カメルーンの人たちはよく用いるという。バスターミナルの窓口で預け、相手は到着先のターミナル窓口で受け取るので、送ったことを電話などで相手に知らせる。例、BINAM社の窓口でYaoundeからBafoussamへ送った場合、朝出せばその日の夕方に着く。手紙1000FCFA-、小包2000FCFA-。(2007年11月現在)

DHL

Hotel de Villeにある。0.5kgまで54,000。後は0.5kg増量ごとに16,000ずつ加算。

インターネット

●Club-Cybernet

Rondpoint Nlongkakの西側に位置するインターネットスペース。メウミホテルに近く,比較的早い (特に午前中は快適)。フロッピーの持ち込み可。半分以上の機械に日本語インストール済み。500FCFA/30分(2003年では1000FCFAで75分だった),まとめ買いすると割安 (5,500FCFA/10時間)。プリンター,コピー,FAXとそろっていて,事務処理に便利。自前のパソコンを持ち込んでもOK。

●ICC net

Hiltonの地上階にあるインターネットスペースだったが、すでに廃業(2007年10月現在)。

●CCF

CCF(フランス文化センター)の1階にインターネットスペースができた(2007年10月現在)。

現地情報