入学希望の方

アフリカ地域研究専攻の受験を考える方へ

アフリカ大陸には、砂漠、サバンナ、ウッドランド、熱帯雨林、山地林などの多様な生態環境があり、そこではそれぞれの環境がもつ資源や特性を活かした多彩な暮らしを見ることができます。自然の中から食物、薬、生活用品を獲得する採集狩猟の生活を基盤としつつ、そこに農業・牧畜・漁撈という生業を取り入れながら、在来の技術や知識で彩られた豊かな生活様式が各地で育まれていったのです。

いっぽう21世紀に入るとアフリカ諸国は急速に経済成長し、生業を取り巻く環境は大きく変化してきました。それは人びとの生活スタイルだけでなく、価値観や社会の仕組、そして生態系にも大きな影響をおよぼし、アフリカ社会はさまざまな要因が複雑に絡み合う課題群を抱えるようになっていきます。

こうした課題の解決にコミットするためには、地域の実態をミクロとマクロの視点から捉える包括的かつ実践的な感覚が必要になります。多様な地域・分野を専門とする研究者が集うアフリカ地域研究専攻は、地域への社会貢献も視野に入れながら、アフリカの魅力と課題を総合的に理解しようとする研究機関であると同時に、そうした人材の育成にも力を注いできました。

京都大学大学院 アジア・アフリカ地域研究研究科
2016年度アフリカ地域研究専攻 専攻長:伊谷樹一

 

>> 過去の専攻長のあいさつ

アフリカ地域研究専攻の特徴

詳しい情報 >>

 

アフリカ専攻の設備・研究環境

アフリカ地域研究専攻の研究施設、設備を紹介しています。
院生室やセミナー室、貸し出し用の調査道具、化学実験室、図書室、図書閲覧室、図書・文献の大型コレクション、専攻事務室、会議室、多目的室などの概要を説明しています。

詳しい情報 >>

 

アフリカ専攻の年間サイクル

アフリカ専攻の一年間にも春、夏、秋、冬と四季があります。とくに新入生に焦点をあてて、一年間のサイクルをわかりやすく、写真入りで紹介しています。

詳しい情報 >>

 

5年間の過ごし方

詳しい情報 >>

 

修了者の進路

現在、日本社会では「グローバル人材」を求めています。世間一般でいう「グローバル人材」とは、英語を話すことができるというニュアンスが強いのですが、アフリカ専攻では、それに加えて、アフリカの現地言語を話すことができ、現地事情に明るく、バイタリティのある修了生が多いという大きな特徴があります。進路としては、民間企業(商社、メーカー、コンサルティング、シンクタンクなど)、公務員(国家、地方)、NGO職員、中・高等学校の教員、研究者(大学、研究所)などと多岐にわたります。

本研究科(ASAFAS)サイトをご覧ください。
>>http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/career_options

 

修了者の進路(研究職)

アジア・アフリカ地域研究研究科の創立は1998年です。その5年後に、博士の学位取得者が誕生しています。それ以降、毎年度、博士の学位を授与しつづけています。学位取得者は、さまざまな大学、研究機関で活躍しています。

詳しい情報 >>

 

大学院生・卒業生の声

2011年度から2012年度にかけて、5冊のブックレットが京都大学アフリカ地域研究資料センターより出版されました。このブックレットには、アフリカ専攻の大学院生、卒業生、教員が多く登場します。アフリカ専攻で学んだこと、アフリカでの経験が卒業後の仕事にどのように活かされているのか、現在、どのような問題意識で研究や教育活動、日常業務に従事しているのかが記されています。アフリカ専攻の大学院生および卒業生がどのように活躍しているのか、その実像が分かります。ぜひ、ご覧ください。

詳しい情報 >>

 

研究室訪問のすすめ

大学院での研究生活は、学部での講義や実習を中心としたものではなく、指導教員による指導が基本となります。教員の専門分野や、あるいは、何を考えている研究者なのか、実際に会って、話してみることは、大学院生にとって非常に大事なことです。ぜひ、研究室訪問に来てください。

詳しい情報 >>

 

受験前に読んで欲しい文献リスト

京都大学でアフリカ地域研究を志すなら、これだけは読んでほしいと思う文献リストです。

詳しい情報 >>

 

入試情報

アフリカ地域研究専攻では、1年次からの入学希望者に対して、第1回入試(9月)と第2回入試(2月)の2回、入学試験を実施しています。第3年次編入学試験は1月に実施しています。第3年次編入学試験は修士号を取得ずみであることなど、条件がありますので、ご確認ください。

詳細については、本研究科(ASAFAS)サイトをご覧ください。
>>http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/admissions/application

 

筆答試験の過去問題(専門試験・英語試験)

専門試験については過去3年分、英語問題については過去のすべての問題について、研究科ホームページ上で公開していますが、著作権の関係から、英語問題については文章をふせて、出題箇所のページ番号のみを表示しています。

英語・専門試験ともに、すべての過去問題については教務掛で閲覧できるほか、過去3年分については研究科のオープンキャンパス、東京説明会、アフリカ地域研究専攻のオープンキャンパスでも閲覧が可能です。

本研究科(ASAFAS)サイトをご覧ください。
>>http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/admissions/past-tests

アフリカ専攻の受験に関するQ&A

詳しい情報 >>