• 11/30 アフリカ公開講座 第2回11/30 アフリカ公開講座 第2回
  • 12/19 第247回 アフリカ地域研究会12/19 第247回 アフリカ地域研究会

新着イベント情報

2019年度 アフリカ公開講座

今回の公開講座は、2017年に立ち上げた京都大学アフリカユニットから、様々な分野でアフリカ研究を展開する5人の専門家に最新の話題を提供してもらいます。

公開講座2019

2019年度 公開講座 第2回「アフリカを繋ぐ:住民との道直しから」

多くのアフリカの国々が、農業国なのに農村インフラ整備が進まず貧困に苦しんでいます。脱貧困の契機として私が取り組む、道を直す活動についてお話しします。

公開講座2019 第2回 EC

第247回 アフリカ地域研究会

エチオピアに暮らす農耕民デラシャは、酒を主食とし、それ以外のものはほとんど食べない。本研究会では、酒食文化とそれを取り巻く環境についてみていきたい。

AS #247

お知らせ

「2019 Young Asian Africanist Camp」派遣報告2

インド・デリーのジャワハルラール・ネルー大学で、韓国外国語大学主催の「Young Asian Africanist Camp」が開催されました。ASAFAS院生報告です。

2019 Young Asian Africanist Camp 参加報告2

「2019 Young Asian Africanist Camp」派遣報告1

インド・デリーのジャワハルラール・ネルー大学で、韓国外国語大学主催の「Young Asian Africanist Camp」が開催されました。木村教授の報告です。

2019 Young Asian Africanist Camp 参加報告1

シンポジウム「日本のアフリカ研究を総覧する」開催

シンポジウム「日本のアフリカ研究を総覧する」が開催されました。これは、現在までのアフリカ研究の総括と、SDGs時代に向けた多分野連携を目指すものです。

シンポジウム「日本のアフリカ研究を総覧する」EC

最近の出版物

African Study Monographs, Supplementary Issue Vol. 58

世界のアフリカ研究者が投稿する、京都大学アフリカ地域研究資料センター発行の国際ジャーナルです。掲載論文は原則的にオープン・アクセス化しています。

African Study Monographs, Supplementary Issue Vol. 58

African Study Monographs Vol. 40 No. 1 (2019)

世界のアフリカ研究者が投稿する、京都大学アフリカ地域研究資料センター発行の国際ジャーナルです。掲載論文は原則的にオープン・アクセス化しています。

ASM40-1

アフリカで安全にフィールドワークするために:ウガンダ編

ウガンダで安全にフィールドワークを実施するための手引きとして、調査許可、入国、感染症、通信、事件、事故など、様々な情報を盛り込みました。

フィールドワーク手引き:ウガンダ編
PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.