トピックス(新着情報)

2016/04/25
【公開講演会】「アフリカが世界を救う-紛争解決の新しいパラダイムを求めて」(2016年6月18日開催、東京大学駒場キャンパス)のお知らせ
2016/04/18
アジア・アフリカ地域研究研究科(アフリカ地域研究専攻)に所属する大学院生の海外フィールドワークを支援している臨地教育支援センターは、その機能を強化し、臨地教育・国際連携支援室となりました。
2016/04/07
アフリカ地域研究専攻の修了生の進路(研究職)を更新しています。
2016/04/01
受験前に読んで欲しい文献リストを更新しました。
2016/04/01
『研究室訪問のすすめ』を新しくアップしました。
2016/04/01
アフリカ地域研究専攻に新しく着任した教員(高橋基樹、金子守恵、佐藤宏樹)の情報を掲載しました。
2016/03/31
「アフリカ潜在力」シリーズ(シリーズ総編集:太田 至) 第5巻『自然は誰のものか-住民参加型保全の逆説を乗り越える』(山越言・目黒紀夫・佐藤 哲 編)が刊行されました。
2016/03/31
「アフリカ潜在力」シリーズ(シリーズ総編集:太田 至) 第4巻『争わないための生業実践―生業資源と人びとの関わり』(重田眞義・伊谷樹一 編)が刊行されました。
2016/03/25
アフリカ地域研究専攻で提出された2015年度の博士論文、博士予備論文のタイトルを掲載しました。
2016/03/25
教員インタビュー/安岡 宏和
2016/03/25
「アフリカ潜在力」シリーズ(シリーズ総編集:太田 至) 第3巻『開発と共生のはざまで-国家と市場の変動を生きる』(高橋基樹・大山修一 編)が刊行されました。
2016/03/22
「アフリカ潜在力」シリーズ(シリーズ総編集:太田 至) 第2巻『武力紛争を越える-せめぎ合う制度と戦略のなかで』(遠藤 貢 編)が刊行されました。
2016/03/22
「アフリカ潜在力」シリーズ(シリーズ総編集:太田 至) 第1巻『紛争をおさめる文化―不完全性とブリコラージュの実践』(松田素二・平野(野元)美佐編)が刊行されました。
2016/03/18
京都大学の学部生を対象としたアジア・アフリカ地域研究研究科 学内特別選抜試験のお知らせ
2016/03/18
アジア・アフリカ地域研究研究科の平成29年度学生募集要項が掲載されています。アフリカ地域研究専攻では、9月と2月の2回、入試をおこないます。
2016/03/15
安全対策 資料集「予防注射の接種およびマラリア予防薬・治療薬」を追加いたしました。
2016/03/14
大学院生の芝田篤紀さんの海外調査レポート(「ナミビア北東部ブワブワタ国立公園における生業活動と地形・植生の関係」)が臨地教育支援センターのウェブに掲載されています。
2016/03/11
大学院生の多良竜太郎さんの海外調査レポート(「タンザニアにおける人と自然資源の関係性―木炭生産に着目して」)が臨地教育支援センターのウェブに掲載されています。
2016/03/09
2016年度アジア・アフリカ地域研究研究科 東京説明会(7月2日(土))のお知らせ
2016/03/09
京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科(ASAFAS)では、4月16日(土)にオープンキャンパス開催します。
2016/03/07
太田至先生の基盤(S)「紛争と共生」プロジェクトの成果本(What Colonialism Ignored)が出版されました。
2016/03/07
大学院生の池邉 智基さんの海外調査レポート(セネガルのイスラーム神秘主義教団ムリッドにおける「バイファル」―修行のための村「ダーラ・タルビヤ」における宗教実践)が臨地教育支援センターのウェブに掲載されています。
2016/03/01
アジア・アフリカ地域研究研究科の過去問題(英語・専門科目)最新版がアップされています。
2016/02/29
大学院生の大谷 琢磨さんの海外調査レポート(ウガンダ都市部におけるボダボダ(バイクタクシー)の経済的・社会的位置づけ)が臨地教育支援センターのウェブに掲載されています。
2016/02/20
大学院生の大谷侑也さんの海外調査レポート(消えゆく「熱帯の氷河」―山麓水環境との関係性―)が臨地教育支援センターのウェブに掲載されています。