トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン

杉山由里子

研究テーマ
狩猟採集民ブッシュマンの再定住に伴う葬儀の変容と社会再編に関する研究
調査地(国、地域)
ボツワナ共和国、ニューカデ、グディクワ、ハボロネ、ハンシー
関心のある分野
地域研究、文化人類学、死生学
キーワード
ブッシュマン、葬儀、社会再編、死生観
所属学会
日本アフリカ学会、日本生活学会、日本文化人類学会
略歴

2015年4月 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻 入学

2017年8月 ボツワナ大学大学院アフリカ言語文学学科留学 (〜2019年12月)

2020年4月 日本学術振興会特別研究員(DC1)

業績
  • 【学術雑誌等に発表した論文】
    • Takada, A. Sugiyama, Y. 2021. Imagination on the past and memory for the future: Re-establishment of the lifeworld through rituals among the Gǀui/Gǁana. Clemens Greiner, Steven Van Wolputte and Michael Bollig (eds.), AFRICAN FUTURES. (printing)
    • 杉山由里子. 2021「柔軟な死の受容―ブッシュマンにおける死生観の変化を事例に―」『死生学・応用倫理研究』26:51-77(査読あり)
    • 杉山由里子. 2020「書評 田中二郎著 アフリカ文化探検―半世紀の歴史から未来へ」『生活学論叢』37:1-4(査読あり)
  • 【学会等における発表】
    • 杉山由里子. 2021.ボツワナ共和国オカバンゴデルタにおけるツェツェバエがブガクウェ・サンの埋葬様式の変化に与えた影響. 第58回アフリカ学術研究大会. 2021年5月23日.
    • 杉山由里子. 2021.「忘却から想像へーブガクウェ・サンの死との向き合い方の変遷ー」 . MC研究会. 2021年5月8日.
    • Sugiyama, Y. 2017. ”Reorganization of San Society in New Xade, Botswana: Analysis of Changes in Funeral Customs, ” Rhodes forum. November 24, 2017. Grahamstown, South Africa.
    • Takada, A. Sugiyama, Y. 2017. “The quest to re-establish a good life: Practices associated with the rituals of abnormal delivery and funerals among the G|ui and G||ana of Botswana,” Satterthwaite Colloquium. July, 21, 2017. Grasmere, UK.
    • Sugiyama, Y. 2017. “Reorganization of San Society in New Xade, Botswana: Analysis of Changes in Funeral Custom,” Interdisciplinary Unit for African Studies. March, 11, 2017. Kyoto, Japan.
    • 杉山由里子. 2017. 生と死の変化の重なり:ボツワナ・ニューカデにおけるサンの居住形態と埋葬様式の変容. 第58回南部アフリカ研究会. 2017年7月6日. 京都大学.
    • 杉山由里子. 2017. アフリカ・ボツワナの狩猟採集民サンにおける社会変容と葬儀:生活と死をめぐる変化への対応. 第44回日本生活学会研究大会. 2017年5月20日. 亜細亜大学.
    • 杉山由里子. 2017. 狩猟採集民ブッシュマンにおける世界観の変容:伝統的神と新しい神の狭間で. 第10回宇宙ユニット宇宙にひろがる人類文明の未来. 2017年02月10日. 京都大学.
    • 杉山由里子. 2016. ボツワナ・ニューカデにおける葬儀の変貌からみるサン社会の再編:死と生活をめぐる変化への対応. 第2回景観形成の自然誌コロキアム. 2016年12月17日. 京都大学.
    • 杉山由里子. 2016. 社会変容の中の世界観:狩猟採集民ブッシュマンにおける宗教的宇宙観の利用法. 第9回宇宙ユニット宇宙にひろがる人類文明の未来. 2016年02月11日. 京都大学.
  • 【講演・講義等】
    • 杉山由里子. 2021.死生観と葬儀「文化人類学?」2021年11月4日.帝塚山学院大学(予定)
    • 杉山由里子.2021.「アフリカ社会文化論」2021年6月11日.東洋大学
    • 杉山由里子. 2021.「京都外国語大学キャリア・スタディ科目」. 2021年6月22日. 京都外国語大学.
    • 杉山由里子. 2020. ブッシュマンの死の受容の変化. 「京都外国語大学キャリア・スタディ科目」. 2020年7月7日. 京都外国語大学.
    • 杉山由里子. 2017. 死を見つめること、死から生を考えることーボツワナに生きるサンの葬儀の聞き取り調査からー  . 第2回フィールドワーク懇話会. 2017年5月15日. 京都大学. 
  • 【短報・エッセイ・報告書等】
おもな研究プロジェクト(代表)

2020〜2023年度

    • 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)『ボツワナ再定住地に生きるサンの死生観の変容に関する研究』

2018年度

    • 笹川科学研究助成 課題名『狩猟採集民ブッシュマンの再定住に伴う葬儀の変容と社会再編に関する研究』

2017年度

    • United Nations University(Global Leadership Training Programme in Africa 2017)課題名『The Influence of Resettlement and Tswana Customs on Funerals among the San in New Xade, Botswana』
    • 京都国際ゾンタクラブ 課題名『先住民の人権に関する研究―ボツワナに生きるブッシュマンの今―』
    • 日本生活学会(生活学プロジェクト2017) 課題名『変化を迫られる葬儀と人々の対応−アフリカ・ボツワナ共和国に生きる狩猟採集民サンを事例に−』

2016年度

    • 京都大学宇宙ユニット(海外派遣プログラム2016) 課題名『ブッシュマンにおける世界観の変容についてのフィールド調査』
    • 日本生活学会(生活学プロジェクト2016) 課題名『ボツワナに生きるブッシュマンを事例とした葬制の変容に関する研究』

2015年度

    • 京都大学宇宙ユニット(海外派遣プログラム2015) 課題名『狩猟採集民ブッシュマンにおける宗教的宇宙観の利用法についての研究』
受賞歴
    • 京都大学宇宙ユニット宇宙にひろがる人類文明の未来2016 最優秀賞受賞
    • 発表タイトル『社会変容の中の世界観―狩猟採集民ブッシュマンにおける宗教的宇宙観の利用法』

最終更新日:2021年8月