>>アフリカ地域研究専攻ホームページ  >>木村大治プロフィール Top 

研究の方向性

ここでは,これまでの私のやってきたことと,今後やりたいことを ややエッセイふうに書いてみたいと思います。

「略歴・著作リスト」を読まれた読者はすでにお気づきのことと思いますが, 私の関心には

  1. (広義の)生態人類学にかかわるもの
  2. コミュニケーション,相互行為にかかわるもの
という二つの方向性があります。

前者としては,ボンガンド社会のタイム・アロケーションを調査したもの, 民族植物学的な仕事,GISを用いた土地利用の話などがあり, 後者としては処女論文である野生化牛の社会構造の話, 小離島の対人関係の社会調査(修士論文)に始まり, ボンガンドとバカ・ピグミーの発話様式に関する一連の研究, ボンガンドの個人名の研究(かなり文化人類学の色彩が強い)があります。 またこれと並行して,フィールドの話ではなく相互行為に関する理論的な論文を, 1990年代半ばから書き続けています。

このように,いわゆる「理系的」な要素と「文系的」な要素が混在していて, 業績リストを一見して,「こいつはいったい何をやっとるんじゃ」 という印象を受ける人もいるかもしれませんが, もちろん本人は一定の視座の元にやっているつもりです。 質的データ中心とするものであろうと,量的調査にもとづく分析であろうと, 読者を納得させられるのであればわけへだてなく「道具として」使う, という姿勢で臨んでいるわけです。

その背景には,以下のようなライフヒストリーがあります。

私は京大理学部人類進化論研究室で大学院教育を受けたので, 当初から人類学をやりながら,霊長類の話も(耳学問ですが) 聞いていました。 とくに,「インタラクション・スクール」と呼ばれる人たち (サルの人もヒトの人もいますが)の影響を強く受け, とりあえずその末席に連なっているつもりです。 また,人文研(当時)の谷泰先生の研究会に参加し, 異なった分野の人々とコミュニケーションに関する討論できたということも決定的でした。 この集まりは「コミュニケーションの自然誌研究会」としていまも月に1度開かれています。

もう10年も前になりますが,近くにいた何人かの院生が, 会話に関する本を借りに来たことがあり,それなら本を読んでみようかということで, 「民族誌における会話分析」という研究会(略称「民会研」)を立ち上げました。 しかしその後,理学部人類進化論のインタラクションに興味を持つ 後輩たちが参加させてほしいと言ってきたり, またゴッフマンなどを読んでいると会話分析をやっている人たちが加わったり, というふうにメンバーが増えてきたので, 名前を「インタラクション研究会」(略称「イン研」)と変更し,サル屋, ヒト屋(と人類進化論では呼び習わしてきた)が一緒にインタラクションに関するさまざまな 文献を輪読してきました。

2003年に,私のこれまでの仕事の集大成として単著「共在感覚」(京都大学学術出版会)を 書きました。 私のその時点までにやってきたことのだいたいは,この本を読んでいただければ わかります。 この本では,相互行為の基本的な枠組として「双対図式」 というスキームを提出しました。 その方向性は間違っておらず,この図式は会話を含むさまざまな コミュニケーションの様式, とくに,まだ我々がどう対していいのかよくわかってない, 携帯電話・インターネットといった今日的なコミュニケーションの 分析に有効だと考えています。

「共在感覚」にもすこし書きましたが,双対図式のふたつの次元,

  • 相互行為の「枠」=意味論=be軸=「(で)ある」
  • 行為選択,相互予期=行為論=do軸=「(を)する」
の双方に,非常に難しい(それだけに面白い)部分があります。 この考えを基軸に,インタラクション研究会の成果を「インタラクションの境界と接続」(昭和堂 2010年刊行)と いう論文集として出版しました。

それと並行して, われわれのグループが続けてきた,アフリカ熱帯林研究の集大成としての 論文集「森棲みの生態誌」 「森棲みの社会誌」の2巻本(京都大学学術出版会 2010年)が刊行されました。

また,2011年2月には,NTT出版から,長いこと暖めていた構想であった「括弧の意味論」 を出版しました。 (ここのところ出版ラッシュ…)

最近のインタラクション論の展開としては, 菅原和孝さんの科研 「身体化された心の人類学的解明」で,研究分担者として,

  • 車の身体化 (他車性…)
  • 数学など抽象的な思考における身体性に関する会話分析
  • 道や廊下などにおけるすれ違い行動,電車の席取りなどにみられる身体性と意味の生成
などの調査を計画しています。 「数学における身体性」については,亀井伸孝さんと一緒に, 東大数学科の森田真生さんの協力を得て研究を始めています。

このほかに進めている計画としては

  • 「ファースト・コンタクト」と題する, SFの異星人との接触をネタに,インタラクションにおける「出会い」「翻訳(不)可能性」などを考える著作を構想しています。
  • さらに,5年以内に(無理?)インタラクションと規則性に関する包括的な論考「規則性の意味論」を出版できればと考えています。
カメルーンの調査は,ほぼ毎年続けています。 また最近,コンゴ民主共和国(旧ザイール)にも行けるようになってきました。 日本の仕事が忙しくて短期でしか行けないのですが。