公開講座の様子を撮影した動画(wmv形式)をご覧いただけます。


※動画と音声の再生には、以下が必要です。
【Windows】Windows Media Player(※無料)
【Macintosh】Quick Time の他にプラグインFlip4Mac(※無料)

平成24年度:公開講座 「出会う」[連続8回](2012年1月~2012年9月)

第1回 2012年1月21日(土)「不思議な植物エンセーテに出会う」

講 師:重田 眞義 (京都大学アフリカ地域研究資料センター 教授)

 

エチオピアの西南部には1本倒すと家族4人が1ヶ月は食べて暮らせるという作物エンセーテがあります。アフリカ農村の豊かな食文化についてお話します。

 

Time(1:17:29) / 配布資料:PDF動画を見る >>

第2回 2012年2月18日(土)「暮らしを守る女性の智恵に出会う」

講 師:近藤 史 (京都大学アフリカ地域研究資料センター 助教)

 

タンザニアの農村には思いがけない食材があふれていました。半年にわたる乾季をおいしく過ごす、女性の知恵についてお話します。

 

※本講座は、途中までの公開とさせていただきます。 より詳細な内容に関しては、論文や著書等で出版されているほか、今後の講演等で紹介していく予定です。

 

Time(0:30:13) / 配布資料 :PDF動画を見る >>

第3回 2012年3月17日(土) 「無文字社会の”文字”に出会う」

講 師:梶 茂樹 (京都大学アフリカ地域研究資料センター 教授)

 

アフリカの伝統社会では、私たちが想像もしないようなものが文字の役割を果してきました。無文字社会における「文字」について考えます。

 

Time(1:22:26) / 配布資料:PDF / 動画を見る >>

第4回 2012年4月14日(土) 「ゴミをまく人びとに出会う」

講 師:大山 修一 (京都大学アフリカ地域研究資料センター 准教授)

 

アフリカには荒廃地にゴミをまいて土地を改善し、緑化につとめる人びとがいます。私たちがゴミをまくという行為をためらうことが多いのはなぜでしょうか。生態系のなかの人間の位置づけを再考します。

 

※本講座は、途中までの公開とさせていただきます。 より詳細な内容に関しては、論文や著書等で出版されているほか、今後の講演等で紹介していく予定です。

 

Time(0:03:28) / 配布資料:PDF動画を見る >>

第5回 2012年5月19日(土)「手仕事の世界に出会う」

講 師:金子 守恵 (京都大学大学院 人間・環境学研究科 助教)

 

アフリカに暮らすうえでかかすことのできない日用品をつくる人々の生活世界と彼らが創造しつづける技法との出会いを語ります。

 

Time(1:13:58) / 配布資料:PDF動画を見る >>

第6回 2012年6月16日(土)「牧畜社会の戦争と平和に出会う」

講 師:佐川 徹 (京都大学アフリカ地域研究資料センター 助教)

 

戦争と平和の間を絶えず揺れ動く、東アフリカ牧畜社会のダイナミックな民族間関係の総体に迫ります。

 

 

Time(1:21:50) / 配布資料:PDF動画を見る >> 
※この映像は京都大学のKUINSネットワークに接続した場合のみ視聴できます

第7回 2012年7月21日(土)「都市の『商人』に出会う」

講 師:平野(野元)美佐 (京都大学アフリカ地域研究資料センター 准教授)

 

アフリカの都市には商売上手な人びとがいます。カメルーンの商業民族から、おカネについて考えます。

 

Time(1:03:18) / 配布資料:PDF動画を見る >>

第8回 2012年9月15日(土)「アフリカの紛争と共生の問題に出会う」

講 師:太田 至 (京都大学アフリカ地域研究資料センター 教授)

 

数多くの紛争が起きているアフリカにも、他者と共生する道を模索し、実現している人びとがいます。こうした営みから私たちは、たくさんのことを学ぶことができます。

 

Time(1:20:37) / 配布資料:PDF動画を見る >>

平成24年度:東京公開講座 「 アフリカにおける地球環境問題と地域住民 」
(2012年6月2日)

「類人猿ボノボ保護をめぐるアクターたち: コンゴ民主共和国ワンバの事例」
講 師:木村 大治(京都大学アフリカ地域研究資料センター 教授・センター長)

 

アフリカ中央部,コンゴ盆地の熱帯雨林は,地球環境問題のひとつの焦点となっています。熱帯雨林の減少,動物相の空洞化などといった問題が大きく取り上げられるようになってきているのです。

 

Time(0:49:01) / 配布資料:PDF動画を見る >>