講師プロフィール

木村 大治(きむら だいじ)
1960年愛媛県生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了、博士(理学)。福井大学教育学部助教授,京都大学大学院人間・環境学研究科助教授,京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科助教授、同研究科准教授を経て,2012年より現職。アフリカ熱帯雨林の農耕民,狩猟採集民の日常的コミュニケーションを研究している。主な著作は『共在感覚 -アフリカの二つの社会における言語的相互行為から』京都大学学術出版会,2003年,『インタラクションの境界と接続-サル・人・会話研究から』(共著)昭和堂,2010年,『森棲みの生態誌 -アフリカ熱帯林の人・自然・歴史 I』(共編)京都大学学術出版会,2010年,『コミュニケーションの自然誌』(共著) 新曜社,1997年 など。