COE 国際シンポジウム(於京都)
COE International Symposium, Kyoto, JAPAN



アフリカの「難民問題」を考える

平成14年11月2日(土)〜11月3日(日)

Multidimensionality of Displacement Risks in Africa
Nov. 2nd〜3rd, 2002



このシンポジウムでは、今や地球的規模の問題になりつつある「難民問題」について、アフリカにおける多くの課題を多面的に検討しました。具体的には、難民・再移住民・帰還民・地元民など様々な集団が当事者としてどのような多次元的なリスクに直面し、どんな貧困問題を経験しているのか、また、それに対処するための戦略は何かを議論しました。それぞれの報告では、ひとつの当事者(たとえば難民)に焦点をしぼって、人びとが直面している問題を分析し、全体討論では、多様なリスクが生まれる条件とそれへの対処策を議論しました。そしてこのシンポジウムでは、研究者のあいだで知識や意見を交換し共有するだけではなく、諸問題に対処するための具体的な方策を提言することをめざしました。この提言は、近日中に掲載します。シンポジウムの開会の辞やプログラム、講演の概要、全体に関する報告、参加者の写真などは、下の「日本語」をクリックしてください。(Japanese)

Under the auspices of the Center of Excellence (COE), the Division of African Area Studies of the Graduate School of Asian and African Area Studies at Kyoto University organized an international symposium on “Multidimensionality of Displacement Risks in Africa,” which was held in Kyoto, Japan, from November 2-3, 2002.The objective of the symposium was to examine the implications of population displacement in Africa. We accomplished this objective by analyzing the underlying causes of human displacement, identifying the multiple risk groups or risk bearers, exploring the multidimensional impoverishment risks they encounter, and discussing the strategies for reconstruction. Click on the English site below to read the opening speeches and see the links to the program, photos, and other sections.


日本語(Japanese) English Site