The Center for African Area Studies >>English

WWWを検索    サイト内を検索
センター長あいさつ
アフリカセンターのあゆみ
組織図
メンバー
プロジェクト
アクセス・お問い合わせ
リンク
question


kikin


africa_division


africa_division
asafas
アフリカセンター on Facebook
asafas
アフリカセンター on Twitter
アフリカセンターTwilog
asafas
京都大学大学院アジア・
アフリカ地域研究研究科
京都大学
京都大学
Tembea
Tembea (Staff Only)
スペーサー

高田 明 准教授 Akira Takada


takada1

南部アフリカの狩猟採集民として知られるサン(ブッシュマン)をおもな対象として,次の4つの領域において研究を進めて いる。(1)養育者-子ども間相互行為, (2)自然環境や生業様式と養育者-子ども間相互行為との関わり,(3)環境認識,(4)エスニシティの変遷。さらに,これらの研究を関連づけて,サンの 社会的相互行為を組織化する文化的構造を明らかにしようとしている。

CCI:養育者-子ども間相互行為における責任の文化的形成

高田明個人のホームページ(インタビュー)

専門分野 / 研究課題 / キーワード

人類学,アフリカ地域研究 / 南部アフリカのサンにおける社会的相互行為の発達 / エスニシティ,環境,子ども,南部アフリカ,相互行為

経歴

1994年 京都大学文学部卒業
1996年 京都大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了
2002年 京都大学大学院人間・環境学研究科アフリカ地域研究専攻一貫制博士課程研究指導認定退学
2003年 同課程博士(人間・環境学)の学位取得
2002-04年 日本学術振興会特別研究員(PD)
2004年 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・助手
takada 2007年 同上・助教
2007年7-9月 The UCLA Center for Language, Interaction, and Culture・客員研究員
2009年 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・准教授(現職)
2011年2-9月 The UCLA Center for Language, Interaction, and Culture・客員研究員
2012年8-10月 ボツワナ大学人文学科アフリカ言語・文学専攻・付属研究員

所属学会

American Anthropological Association
日本アフリカ学会
日本文化人類学会
日本発達心理学会
生態人類学会
The International Pragmatics Association (IPrA)
International Society for Conversation Analysis (ISCA)等

単著
  • TAKADA, Akira. 2015. Narratives on San ethnicity: The cultural and ecological foundations of lifeworld among the !Xun of north-central Namibia., Kyoto University Press & Trans Pacific Press.

編著 学術雑誌論文
  • 高田 明 (2014). 家族関係と子どもの発達: 人類学的アプローチ. 幼児医学・心理学研究, 23(1), 11-18.
  • Takada, A. (2014). Mutual coordination of behaviors in human-chimpanzee interactions: A case study in a laboratory setting. Revue de Primatologie, 5. URL:http://primatologie.revues.org/1902 ; DOI: 10.4000/primatologie.1902
  • 高田 明 (2014). ナミビアにおける教育改革についての一考察: オバンボランドのクンをめぐる教育実践. アフリカ教育研究, 4, 19-34.
  • Takada, A. (2013). Generating morality in directive sequences: Distinctive strategies for developing communicative competence in Japanese caregiver-child interactions. Language & Communication, 33, 420-438.
    DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.langcom.2013.03.012
  • Liszkowski, U., Brown, P., Callaghan, T., Takada, A., and de Vos, C. (2012). A prelinguistic gestural universal of human communication. Cognitive Science, 36, 698-713. DOI: http://dx.doi.org/10.1111/j.1551-6709.2011.01228.x
  • 高田 明 (2011). 転身の物語り: サン研究における「家族」再訪. 特集: 親子のつながり―人類学における親族/家族研究再考. 文化人類学, 75(4), 551-573.
  • Takada, A. (2010). Changes in Developmental Trends of Caregiver-Child Interactions among the San: Evidence from the !Xun of Northern Namibia. African Study Monographs, Supplementary Issue, 40, 155-177.
  • 高田 明 (2009). 赤ちゃんのエスノグラフィ:乳児及び乳児ケアに関する民族誌的研究の新機軸. 心理学評論, 52(1), 140-151.
  • Takada, A. (2006). Explaining pathways in the Central Kalahari. In R. K. Hitchcock, K. Ikeya, M. Biesele, & R. B. Lee (Eds.), Senri Ethnological Studies, No.70, Updating the San: Image and reality of an African people in the 21st century. Osaka: National Museum of Ethnology (pp.101-127).
  • Takada, A. (2005). Early vocal communication and social institution: Appellation and infant verse addressing among the Central Kalahari San. Crossroads of Language, Interaction, and Culture, 6, 80-108.
  • 高田 明 (2005). ナミビア北部におけるサンとオバンボの関係史. アフリカレポート, 40, 11-16.
  • 高田 明 (2002). セントラル・カラハリ・サンにおける社会変容: 人口動態,生業活動,乳幼児の体重の分析から. アフリカ研究, 60, 85-103.
  • 高田 明 (2002). サンにおける養育行動とその発達的意義: ジムナスティック・授乳場面の特徴. 発達心理学研究, 13(1), 63-77.
  • Takada, A. (2002). The !Xu San: Poverty & tension. Cultural Survival Quarterly, 26(1), 18-19.
  • 小嶋秀樹・高田 明 (2001). 社会的相互行為への発達的アプローチ: 社会のなかで発達するロボットの可能性. 人工知能学会誌, 16(6), 812-818.
takada2 学術論文
  • 高田 明 (forthcoming).「ゴフマンのクラフトワーク: その言語人類学における遺産」中河伸俊・平英美・渡辺克典(編)『アーヴィング・ゴフマンの相互行為秩序研究(仮題)』東京: 新曜社.
  • 高田 明 (2015).「暮らしのなかの子育て」道信良子(編)『いのちはどう生まれ、育つのか: 医療、福祉、文化と子ども』岩波ジュニア新書. 東京: 岩波書店, pp. 107-119.
  • 高田 明 (2014).「オバンボランドのクンと教育: 国家の枠組みを超えた教育の可能性. 澤村信英(編)『アフリカの生活世界と学校教育』東京: 明石書店, pp.52-71.
  • Boden, G. & Takada, A. (2014). Kx'a Kinship classifications: A diachronic perspective. In A. Barnard, & G. Boden (Eds.), Southern African Khoisan kinship systems. Research in Khoisan Studies No. 30. Cologne, Germany: Rüdiger Köppe Verlag Köln, pp.141-160.
  • Takada, A. (2014). Kinship and caregiving practices among the Ekoka !Xun. In A. Barnard, & G. Boden (Eds.), Southern African Khoisan kinship systems. Research in Khoisan Studies Volume 30. Cologne, Germany: Rüdiger Köppe Verlag Köln, pp. 99-120
  • Takada, A. (2014). Surname and interethnic relationships among the Ekoka !Xun. In A. Barnard, & G. Boden (Eds.), Southern African Khoisan kinship systems. Research in Khoisan Studies Volume 30. Cologne, Germany: Rüdiger Köppe Verlag Köln, pp. 223-240.
  • 高田 明 (2014). 「ポスト狩猟採集社会と子どもの社会化」. 池口明子・佐藤廉也(編), 『ネイチャー・アンド・ソサエティ研究 第3巻: 身体と生存の文化生態』. 滋賀: 海青社, pp.225-249.
  • 高田 明 (2013). 「行為の堆積を知覚する: グイ/ガナのカラハリ砂漠における道探索実践」片岡邦好・池田桂子(編)『コミュニケーション能力の諸相: 変移・共創・身体化』東京: ひつじ書房, pp.97-128.
  • 高田 明 (2013). 「文化人類学の考え方: 文化と発達」日本発達心理学会(編), 田島信元・南徹弘(責任編集)『発達科学ハンドブック1: 発達心理学と隣接領域の理論・方法論』東京: 新曜社, pp.238-247.
  • 高田 明 (2012). 「親密な関係の形成と環境: ナミビア北中部のクン・サンにおける養育者-子ども間相互行為の分析から」西真如・木村周平・速水洋子(編) 『講座 生存基盤論 第3巻, 人間圏の再構築: 熱帯社会の潜在力』京都: 京都大学学術出版会, pp.23-51.
  • Takada, A. (2011). Language contact and social change in North-Central Namibia: Socialization via singing and dancing activities among the !Xun San. In O. Hieda, C. König & H. Nakagawa (Eds.), Tokyo University of Foreign Studies: Studies in Linguistics Vol.2, A Geographical Typology of African Languages: With special reference to Africa. Amsterdam/Philadelphia: John Benjamins, pp.251-267.
  • Takada, A. (2011). Pre-verbal infant-caregiver interaction. In A. Duranti, E. Ochs, & B. B. Schieffelin (Eds.), The handbook of language socialization. Oxford: Blackwell, pp.56-80.
  • 高田 明 (2010). 「相互行為を支えるプラグマティックな制約:セントラル・カラハリ・サンにおける模倣活動の連鎖組織」木村大治・中村美知夫・高梨克也(編)『インタラクションの境界と接続: サル・人・会話研究から』東京: 新樹社, pp.369-379.
  • Takada, A. (2008). Recapturing space: Production of inter-subjectivity among the Central Kalahari San. In A. Irving, A. Sen, & N. Rapport (Eds.), Journeys: The International Journal of Travel and Travel Writing, 9(2), Senses of spatial equilibrium and the journey: Confounded, discomposed, recomposed. New York: Berghahn Journals (pp.114-137).
  • Takada, A. (2008). Kinship and naming among the Ekoka !Xun. In S. Ermisch (Ed.), Research in Khoisan studies, No.22, Khoisan languages and linguistics: Proceedings of the 2nd International Symposium, January 8-12, 2006, Riezlern/Kleinwalsertal. Cologne, Germany: Rüdiger Köppe Verlag Köln (pp.303-322).
  • Takada, A. (2008). Les pratiques de navigation dans le désert du Karahari (Botswana) chez les San: Exemple d'observation participante. In H. Norimatsu & N. Pigem (Eds.), Collection Cursus, psychologie: Les techniques d'observation en sciences humaines. Paris: Armand Colin, (pp.132-141). takada4
  • 高田 明 (2008).「ナミビア北部におけるサンと権力との関係史」池谷和信・武内進一・佐藤廉也(編)『朝倉世界地理講座: 大地と人間の物語, 第12巻, アフリカⅡ』東京: 朝倉書店, pp.601-614.
  • 高田 明 (2007). 「言葉の向こう側:セントラル・カラハリ・サンにおけるナヴィゲーション実践」 河合香吏(編)『生きる場の人類学: 土地と自然の認識・実践・表象過程』京都: 京都大学学術出版会, pp.141-183.
  • Takada, A. (2007). Changing locality and ethnic cohesion among the San in Ohangwena, Namibia. In Y. Fujioka, & M. Iida (Eds.), ASAFAS Special Paper, No.9, Globalisation and locality in Southern Africa: Views from local communities. Kyoto: Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University (pp.75-90).
  • 高田 明 (2006). 「グイ/ガナの養育者-乳児間相互行為:「サオ・カム」実践に関する覚え書き」菅野盾樹(編)『身体と動きの人間学』大阪: 大阪大学大学院人間科学研究科基礎人間科学講座基礎人間学・現代記号学研究分野, pp.95-104.
  • Takada, A. (2005). Mother-infant interactions among the !Xun: Analysis of gymnastic and breastfeeding behaviors. In B. S. Hewlett & M. E. Lamb (Eds.), Hunter-gatherer childhoods: Evolutionary, developmental, and cultural perspectives (pp.289-308). New Brunswick, NJ: Transaction Publishers.
  • Takada, A. (2005). The importance of gesture and grammar in displaying directional markers: Evidence from the San of the Central Kalahari. In K. Sugawara (Ed.), Construction and distribution of body resources: Correlations between ecological, symbolic and medical systems (pp.31-55). Tokyo, Japan: The head office of the project on "Distribution and sharing of resources in symbolic and ecological systems: Integrative model-building in anthropology".
  • 高田 明 (2005).「ブッシュマンは自然を覚えて旅をする」水野一晴(編) 『アフリカ自然学』東京: 古今書院, pp.183-194.
  • 野中健一・高田 明 (2004)「砂漠の道標: セントラル・カラハリ・ブッシュマンのナヴィゲーション技術」野中健一 (編)『野生のナヴィゲーション: 民族誌から空間認知の科学へ』東京: 古今書院, pp.23-54.
  • 高田 明 (2004).「移動生活と子育て:グイとガナにおけるジムナスティック場面の特徴」田中二郎・佐藤俊・菅原和孝・太田至(編)『遊動民:アフリカの原野に生きる』京都: 昭和堂, pp.228-248.
  • 高田 明 (2003). 「子どもの発達と文化: 心理学と人類学」片岡基明・吉田直子 (編)『子どもの発達心理学を学ぶ人のために』 京都: 世界思想社, pp.208-231.
  • 高田 明 (2003). 「南部アフリカのサンにおける社会的相互行為の発達に関する研究」京都大学大学院人間・環境学研究科博士論文. 未公刊.
  • 高田 明 (1998). 「狩猟採集民サンにおける乳幼児の発達と養育行動」京都大学人間・環境学研究科博士予備論文. 未公刊.
takada3

主な研究プロジェクト

平成24~27年度(予定) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A)「教育・学習の文化的・生態学的基盤:リズム,模倣,交換の発達に関する人類学的研究」(課題番号: 24242035)に研究代表者として従事

平成26年度 京都大学「いしずえ」研究支援制度「サン(ブッシュマン)のマルチモーダル・コミュニケーション・コーパス作成のための基盤整備」に研究代表者として従事

平成24~26年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究「種間相互理解:ヒト-チンパンジー間相互行為における能力の構成」(課題番号: 24650136)に研究代表者として従事

平成24~26年度 国立情報学研究所共同研究「養育者-乳幼児間インタラクションにおける相互モニタリング過程の記録・分析手法の開発」に研究代表者として従事

平成24~25年度年度 稲盛財団研究助成「サヴァンナの視覚文化: サン社会におけるジェスチャー・コミュニケーションに関する人類学的研究」に研究代表者として従事

2012年2-9月The UCLA Center for Language, Interaction, and Cultureにて,客員研究員(研究課題"Linguistic anthropological study of responsibility formation in early caregiver-child interactions")として研究活動に従事

平成19年度~平成23文部年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(S)「養育者-子ども間相互行為における責任の文化的形成」(課題番号: 19672002)

2007年7-9月 The UCLA Center for Language, Interaction, and Cultureにて,客員研究員(研究課題"Practices of early cultural learning: Responsibility in caregiver-infant interaction")として研究活動に従事   

平成17年度~平成19年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)「言語的社会化をめぐる養育者-子ども間相互行為に関する文化人類学的研究:WH質問-応答連鎖における「アセスメント」についての文化比較から」(課題番号: 17720227)に研究代表者として従事   

平成14年度~平成15年度 日本学術振興会特別研究員(PD) 研究課題「サンの養育行動および乳幼児発達に関する人類学的研究」(受付番号: 00754)に研究代表者として従事


その他(受賞、学外委員、社会活動等)

京都大学 乳幼児発達研究グル-プ:研究代表者(2007年~)
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~sitakura/infant_scientist.html

2004年 第16回日本アフリカ学会研究奨励賞


連絡先

takada[at]jambo.africa.kyoto-u.ac.jp ( [at]を@に変えてください)

アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ専攻(教員ページ)へ

ページ上部へ スペーサー

地域研究会
KUASS
シンポジウム
国際フォーラム
研究会
スペーサー
African Study Monographs 国際協力 社会貢献活動 書籍紹介 フィールドステーション
動画資料
スペーサー
公開講座
スペーサー
JASNET
スペーサー
FOSAS
スペーサー
KIBANS
スペーサー
InTokyo
スペーサー
brain

旧コンテンツ

インターネット連続講座 旧フォトギャラリー
スペーサー

Copyright © 2015 The Center for African Area Studies, Kyoto University. All rights reserved.