The Center for African Area Studies >>English

WWWを検索    サイト内を検索
センター長あいさつ
アフリカセンターのあゆみ
組織図
メンバー
プロジェクト
受賞
フィールド安全対策
アクセス・お問い合わせ
リンク
question


kikin


africa_division


africa_division
asafas
アフリカセンター on Facebook
asafas
アフリカセンター on Twitter
アフリカセンターTwilog
asafas
京都大学大学院アジア・
アフリカ地域研究研究科
京都大学
京都大学
Tembea
Tembea (Staff Only)
スペーサー

朝田 郁 研究員 Akira Asada


asada1

東アフリカ沿岸部に広がるスワヒリ社会と,そこに暮らすハドラミーと呼ばれる人々の研究をしています。ハドラミーは,アラビア半島南部に位置するハドラマウト地方出身のアラブで,インド洋を縦横に駆け巡った海の商人として知られています。また彼らは,インド洋周辺部に対して積極的な移住を行ったことから,これらの地域のイスラーム化を進める要因になりました。スワヒリとは,このような海から来たアラブと,アフリカ大陸内陸部から来たアフリカ人との出会いから生じたイスラーム社会です。私のこれまでの研究では,東アフリカ沿岸部のスワヒリ社会の中でも,ザンジバルという島を中心に,イスラームを通したハドラミーとホスト社会の住人たちとの関わりを追ってきました。これからの研究では,ハドラミーにならって視野をインド洋の西海域へと広げ,東アフリカだけに留まらず中東地域へも積極的に「越境」していこうと考えています。

専門分野

地域研究,文化人類学,イスラーム学

研究課題

ハドラミー移民のネットワークとアイデンティティ,アラウィー教団とスーフィズム

キーワード

ザンジバル,アラブ首長国連邦,インド洋,移動・越境,サイイド・シャリーフ,タリーカ

経歴

2006年  大阪外国語大学(現大阪大学)外国語学部地域文化学科中東地域専攻卒業
2016年  京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科一貫制博士課程修了
2016年〜 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 特任研究員
2017年〜 京都大学アフリカ地域研究資料センター 機関研究員

asada2 取得学位

学士学位(言語・文化)/大阪外国語大学
修士学位(地域研究)/京都大学
博士学位(地域研究)/京都大学

所属学会

日本アフリカ学会
日本中東学会
関西アラブ研究会

著書・論文等

    単著

  1. 朝田 郁. 2017.『海をわたるアラブ―東アフリカ・ザンジバルを目指したハドラミー移民の旅』,松香堂書店.

    寄稿

  2. 朝田 郁. 2016.「アラビア語から見たスワヒリ語」,西本希呼(編)『科学で旅する世界―フィールドワークの現場から』,春日,pp.72-74.
  3. 朝田 郁. 2011.「改革プログラムRA」,竹田晋也・重田眞義(他編)『研究と実務を架橋するフィールドスクール―社会に貢献するアジア・アフリカ地域専門家の要請コース』,京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科,p.45.

    論文

  4. 朝田 郁. 2016.『越境するアラブ―ザンジバルにおけるハドラミー移民の実像』,博士学位論文(地域研究),京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科.
  5. 朝田 郁. 2013.「アラウィー教団とはなにか―東アフリカ沿岸部ザンジバルにおける儀礼とメンバーシップ観」,『アラブ・イスラム研究』11,pp.27-51.
  6. 朝田 郁. 2008.『聖なる人々の教団―現代ザンジバルにおけるタリーカ・アラウィーヤの存在』,博士予備(修士学位)論文(地域研究),京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科.
  7. 朝田 郁. 2007.「ザンジバルにおけるタリーカの展開」,『大阪外大スワヒリ&アフリカ研究』17,pp.29-58.
  8. 朝田 郁. 2006.『ザンジバルにおける預言者生誕祭とタリーカの展開』,学士学位論文(言語・文化),大阪外国語大学外国語学部地域文化学科.

    雑報

  9. 朝田 郁. 2014.「ハドラミー・サイイドの血統保存戦略とタリーカ―東アフリカ・ザンジバルの 事例から」,『日本中東学会研究発表要旨集』,pp.72-73.
  10. Asada A., 2010. “Hadhrami Network and the Holy Lineage”, New Horizons in Islamic Area Studies: Continuity, Contestations and the Future (Program & Abstracts), Research Center for Islamic Area Studies, p.114.

    エッセイ

  11. 朝田 郁. 2008.「フィールド便り14―チャンスに飛びつく」,『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』59(メールマガジン).
asada1
 
学会・研究会等

    口頭発表

  1. 朝田 郁. 2016.「海をわたるハドラミー―東アフリカ・ザンジバルを目指したアラブ移民の旅」,『日本アフリカ学会第53回学術大会』神奈川.
  2. 朝田 郁. 2014.「ハドラミー・サイイドの血統保存戦略とタリーカ―東アフリカ・ザンジバルの事例から」,『日本中東学会第30回年次大会』埼玉.
  3. Asada A., 2010. “Blood and Migration: Hadhrami Network in Zanzibar, Tanzania”, SIAS3/KIAS4 Joint International Workshop on “Inner Ideal and Outer Movement in the Islamic World”, Kyoto.
  4. 朝田 郁. 2008.「タリーカ・アラウィーヤの特質と構造―現代ザンジバルの事例から」,『スーフィー・聖者研究会(KIASユニット4/SIASグループ3連携研究会)』神奈川.
  5. 朝田 郁. 2008.「預言者生誕祭の構造―ザンジバルにおけるマウリディの事例 から」,『日本文化人類学会第42回研究大会』京都.
  6. 朝田 郁. 2007.「現代ザンジバルにおけるアラウィー教団の展開」,『日本中東学会第24回年次大会』千葉.
  7. Asada A., 2010. “A Sufi Order of the Holy Men: the Presence of Tariqa ‘Alawiyya in Contemporary Zanzibar”, KIAS 12th Interdisciplinary Seminar, Kyoto.

    ポスター発表

  8. Asada A., 2010. “Hadhrami Network and the Holy Lineage”, 3rd IAS International Conference 2010, Kyoto.
主な研究プロジェクト

    平成29年度〜平成31年度 (予定) 科学研究費補助金 (基盤研究C)「越境する人類学:インド洋西部地域におけるアラブ移民ハドラミーのネットワーク形成」(課題番号:17K03281,研究代表者)

    平成20年度 松下国際財団 研究助成 (人文科学・社会科学領域)「スワヒリ・コーストにおけるアラブ移民ハドラミーのネットワーク」(助成番号:08-038,研究代表者)


連絡先

    asada [at] jambo.africa.kyoto-u.ac.jp ( [at] を@に変えてください)

asada1

ページ上部へ スペーサー

地域研究会
KUASS
シンポジウム
国際フォーラム
研究会
スペーサー
African Study Monographs 国際協力 社会貢献活動 書籍紹介 フィールドステーション
動画資料
スペーサー
公開講座
スペーサー
JASNET
スペーサー
FOSAS
スペーサー
KIBANS
スペーサー
InTokyo
スペーサー
brain

旧コンテンツ

インターネット連続講座 旧フォトギャラリー
スペーサー

Copyright © 2017 The Center for African Area Studies, Kyoto University. All rights reserved.