The Center for African Area Studies >>English

WWWを検索    サイト内を検索
センター長あいさつ
アフリカセンターのあゆみ
組織図
メンバー
プロジェクト
受賞
フィールド安全対策
アクセス・お問い合わせ
リンク
question


kikin


africa_division


africa_division
asafas
アフリカセンター on Facebook
asafas
アフリカセンター on Twitter
アフリカセンターTwilog
asafas
京都大学大学院アジア・
アフリカ地域研究研究科
京都大学
京都大学
Tembea
Tembea (Staff Only)
スペーサー

第 8 6 回 K U A S S / 第 8 回 京 大 - 東 京 外 大 ア フ リ カ 研 究 交 流 セ ミ ナ ー


“Conjunctural State Autonomy and Policy Change in South Africa, 1994‐2014”

This presentation narrates the exercise of state autonomy to achieve macro-economic stability and effect incremental policy change in South Africa between 1994 and 2014. Employing a composite case study of the macro-economic policy framework; the Growth Employment and Redistribution (GEAR) (1996) strategy, and two micro policies, Free Basic Electricity (FBE) (2003) and No Fee Schools (NFS) (2006), it demonstrates how the post-apartheid state introduced reforms at macro and micro policy levels. Most importantly, the ability to exercise this relative state autonomy is a direct result of a configuration herein termed conjunctural state autonomy.

Conjunctural state autonomy is comprised of at least three elements, namely, the historical context, the prevailing neoliberal paradigm, as well as a professional bureaucracy. The idea of conjunctural state autonomy is significant for understanding and predicting South African public policy and politics going forward. Conjunctural state autonomy reveals how the exercise of relative state autonomy is structurally mediated. The emergence and exercise of conjunctural state autonomy are therefore contingent on time and space factors hence the identification of the three elements of historical context, the prevailing framework of ideas, as well as a professional bureaucracy. The exercise of relative state autonomy within this configuration is thus time and context specific; its applicability is subject to the concurrent availability of the three core elements that comprise conjunctural state autonomy. Arguing from a historical institutionalist perspective, this presentation typically focuses on determinants at macro-political and economic levels, ideas, as well as on the attendant institutional arrangements.

Keywords: State Autonomy, Institutional Analysis, Conjunctural State Autonomy, Neoliberal Paradigm, Policy-making, Temporality, Path-Dependence, and Classification

発表者:マブート・ジェネラス・シャンガセ博士
(プレトリア大学人文学部政治学科・講師,グローバル協議研究所・上級研究員 / 東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター・招へい教授)

日 時:2018年12月18日(火)15時00分~17時00分
場 所:稲盛財団記念館3階小会議室2331号室)MAP

言 語:英語(通訳なし)
対 象:どなたでもご参加いただけます
参加費:無料
お申込:不要

問合先:京都大学アフリカ地域研究資料センター
E-mail:caas * jambo.africa.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)

主 催:京都大学アフリカ地域研究資料センター
東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター






ページ上部へ

スペーサー
地域研究会
KUASS
シンポジウム
国際フォーラム
研究会
スペーサー
African Study Monographs 国際協力 社会貢献活動 書籍紹介 フォトギャラリー フィールドステーション
動画資料
スペーサー
senzai2016
スペーサー
KIBANS
スペーサー
brain2016
スペーサー
公開講座2017
スペーサー
公開講座2016
スペーサー
公開講座
スペーサー
JASNET
スペーサー
InTokyo
スペーサー
KUAU

旧コンテンツ

インターネット連続講座 旧フォトギャラリー
スペーサー

Copyright © 2018 The Center for African Area Studies, Kyoto University. All rights reserved.