The Center for African Area Studies >>English

WWWを検索    サイト内を検索
センター長あいさつ
アフリカセンターのあゆみ
組織図
メンバー
アクセス・お問い合わせ
リンク
question


africa_division


africa_division
asafas
京都大学大学院アジア・
アフリカ地域研究研究科
京都大学
京都大学 スペーサー

京都大学アフリカ研究フォーラム in 東京

 本フォーラムでは、日本のアフリカ援助政策、産業発展とCSR(企業の社会的責任)、草の根の国際協力、BOP(Base of Pyramid)ビジネス、NGO活動、在来資源の保全など、京大が得意としてきた「現場の知」が求められる分野に焦点をしぼり、学界に限らず、政・産・官・民とのあらたな連携をはかるべく、関係者を東京オフィスに招いて密度の濃い議論をおこなっています。


※デジタルブックをご覧いただくには、Flash Player が必要です。Flash Player最新版ダウンロード

  1. 実践的アフリカ地域研究からBOPビジネスへ
    <第Ⅶ回・報告ブックレット(PDF)>
    <第Ⅶ回・報告デジタルブック>

    日時:2013年2月12日(火) 14時~17時30分
    会場:京都大学東京オフィス・会議室Ⅰ
    参加者:大森康弘(株式会社データベース)、織田雪世(株式会社カネカ)、金子守恵(京都大学大学院人間・環境学研究科)、木ノ本知弘(日本貿易振興機構)、木村大治(京都大学アフリカ地域研究資料センター)、清重正樹(株式会社データベース)、重田眞義(京都大学アフリカ地域研究資料センター)、田中利和(ASAFAS)、富野岳士(特定非営利活動法人国際協力NGOセンター)、長谷川竜生(株式会社オーガニック・ソリューションズ・ジャパン)、久田信一郎(ASAFAS)、水野花菜子(ポリグルソーシャルビジネス株式会社)
    (所属は2013年3月現在)
    ※平成24年度京都大学全学共通経費Ⅰ-4.社会貢献・連帯支援「京大アフリカ研究フォーラムin東京」事業実施経費および、卓越した大学院拠点形成支援補助金(未来卓越拠点型)により実施された。
  2. アフリカの観光産業は地域住民に利益をもたらすのか?
    旅行会社、開発コンサルタント、研究者の視点から

    <第Ⅵ回・報告ブックレット(PDF)>
    <第Ⅵ回・報告デジタルブック>

    日時:2013年1月22日(火) 16時~18時
    会場:京都大学東京オフィス・会議室Ⅰ
    参加者:池田裕子(株式会社道祖神)、伊藤金雄(株式会社パセット)、岩井雪乃(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター)、中村香子(京都大学アフリカ地域研究資料センター)、西崎伸子(福島大学)、松浦直毅(静岡県立大学)、丸山淳子(津田塾大学)、目黒紀夫(日本学術振興会)
    (所属は2013年3月現在)
    ※平成24年度京都大学全学共通経費Ⅰ-4.社会貢献・連帯支援「京大アフリカ研究フォーラムin東京」事業実施経費および、卓越した大学院拠点形成支援補助金(未来卓越拠点型)により実施された。
  3. "グローバル人材”を生み出すフィールドワーク
    <第Ⅴ回・報告ブックレット(PDF)>
    <第Ⅴ回・報告デジタルブック>

    日時:2013年1月18日(金) 18時30分~21時30分
    会場:日比谷図書館文化館
    参加者:草野干夫(海外コンサルティング企業協会)、梅田幹雄(京都大学キャリアサポートセンター)、織田雪世(株式会社カネカ)、片山裕美子(株式会社NTCインターナショナル)、近藤史(ASAFASキャリアデベロップメント室)、田中利和(ASAFAS)、川畑亜瑠真(ASAFAS)
    (所属は2013年3月現在)
    ※平成24年度京都大学全学共通経費Ⅰ-4.社会貢献・連帯支援「京大アフリカ研究フォーラムin東京」事業実施経費および、卓越した大学院拠点形成支援補助金(未来卓越拠点型)により実施された。
  4. アフリカ資源と商品開発:アフリカの酒を考える
    <第Ⅳ回・報告ブックレット(PDF)>

    日時:2012年10月29日(月) 17時~20時
    会場:京都大学東京オフィス・会議室Ⅰ
    参加者:園田修司(サントリー食品インターナショナル株式会社)、山元瑠璃(サントリー酒類株式会社)、荒木美奈子(お茶の水女子大学)、伊谷樹一(京都大学アフリカ地域研究資料センター)、北畠直文(ノートルダム清心女学院)、原子壮太(ASAFAS)、砂野唯(ASAFAS)
    (所属は2013年3月現在)
    ※平成24年度京都大学全学共通経費Ⅰ-4.社会貢献・連帯支援「京大アフリカ研究フォーラムin東京」事業実施経費および、卓越した大学院拠点形成支援補助金(未来卓越拠点型)により実施された。
  5. 研究と実践のあいだ
    「アフリカ研究と民間企業との連携はいかに可能か」


    日時:2011年2月22日(火) 17時~20時
    会場:京都大学東京オフィス・会議室Ⅰ
    参加者:平田秀嗣(三井物産株式会社)、井上真悠子(有限会社アフリカンスクエア―)、村元峻亮(フマキラー株式会社)、長谷川竜夫(株式会社 農業技術通信社)、秋山裕之(京都大学アフリカ地域研究資料センター)、他
    (所属は2011年3月現在)
    ※平成22年度京都大学総長裁量経費(事業区分④)により実施された。
  6. 「SATOYAMAイニシアティブを舞台として」
    ひびきあう”里山”と”アフリカの農村”

    <第二回・報告ブックレット(PDF)>
    <第二回・報告デジタルブック>

    日時:2010年12月24日 13時~17時
    会場:京都大学東京オフィス・会議室Ⅰ
    参加者:岩井雪乃(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター助教)、佐藤哲(長野大学環境ツーリズム学部教授)、鳥居敏男(環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室室長)、山越言(京都大学アフリカ地域研究資料センター 准教授)、山根裕美(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)(所属は2011年3月現在)
    ※平成22年度京都大学総長裁量経費(事業区分④)により実施された。
  7. 研究と実践のあいだ
    「アフリカ研究とNPO活動の連携はいかに可能か」

    <第一回・報告ブックレット(PDF)>
    <第一回・報告デジタルブック>

    日時:2010年11月26日(金)17時30分~20時
    会場:京都大学東京オフィス・会議室Ⅰ
    参加者:斉藤龍一郎(アフリカ日本協議会(AJF)事務局長)、壽賀一仁(いりあい・よりあい・まなびあいネットワーク理事)冨田沓子(アムネスティ・インターナショナル国際事務局成長戦略担当)、牛久晴香・久田信一郎(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)、重田眞義(京都大学アフリカ地域研究資料センター センター長)、秋山裕之・遠藤聡子・中村香子(京都大学アフリカ地域研究資料センター機関研究員)(所属は2011年3月現在)
    ※平成22年度京都大学総長裁量経費(事業区分④)により実施された。

    ページ上部へ

    スペーサー
地域研究会
シンポジウム
国際フォーラム
研究会
スペーサー
African Study Monographs 国際協力 社会貢献活動 書籍紹介 フォトギャラリー フィールドステーション
動画資料
スペーサー
公開講座
スペーサー
JASNET
スペーサー
FOSAS
スペーサー
KIBANS
スペーサー
KUASS
スペーサー
InTokyo

旧コンテンツ

インターネット連続講座 旧フォトギャラリー
スペーサー

Copyright © 2011 The Center for African Area Stuides, Kyoto University. All rights reserved.