トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF ノート RSS ログイン

Ogawa

小川さやかのページ

関心分野:

都市人類学、経済人類学、地域研究

研究テーマ:

「タンザニア都市路上商人の商慣行と共同性にかんする研究」 Machinga(マチンガ)と呼ばれる路上商人がおこなっているユニークな商慣行とそれを支える共同性について研究しています。路上商人は、ラジオや時計、おもちゃなど、さまざまな商品を扱っていますが、とくに古着を扱う商人を対象に調査しています。

フィールド:

 Tanzania、Mwanza City ムワンザ市は、タンザニア、ケニア、ウガンダにまたがるビクトリア湖岸の都市です。調査は、ムワンザ市最大の古着市場、Mlango Mmoja古着市場やムワンザ市商業地区の路上、農漁村に点在する定期市などでおこなっています。私も行商人として商売をしていました。

研究履歴:

2000年3月 信州大学人文学部人間情報学科卒業。卒業論文のテーマは、日本の「伝統寺院の副業」。

2000年4月 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻入学

2001年2月 タンザニアに渡航し“マチンガ”と呼ばれる零細商人の経済活動に関心をもつ。以後9ヶ月のフィールドワークをおこなう。

2004年3月 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科に博士予備論文(修士論文相当)を提出、受理。博士後期過程に進学

2004年9月 博士論文執筆のためのフィールド調査をおこなう。路上商人たちの商慣行の歴史的な変化を調査する。

2006年1月26日現在 博士論文執筆中。来年度中に提出したい(希望的観測)。

研究業績:

(1)学術雑誌等に発表した論文

  • 小川さやか(2004)「都市零細商人の経済活動における連帯と生活信条ータンザニア地方拠点都市ムワンザにおける古着の信用取引を事例にー」『アフリカ研究』No.64,pp65-85
  • OGAWA,Sayaka(In print)“The Trade of Second-hand Clothes in The Local-Mega City Mwanza Tanzania: With Special Reference to the Social Networks of Mali Kauli Transaction” African Study Monographs
  • OGAWA, Sayaka(2006) "Earning among the friends:The Change of Business Practices and Creeds of Petty Traders, Machinga in Urban Tanzania" African Studies Quartely.
  • 小川さやか(2005)「書評『アフリカ都市の民族誌:カメルーンの「商人」バミレケのカネと故郷』」『アジア・アフリカ地域研究第』 5−1号pp94-98
  • 柳澤雅之、小川さやか(2006)「フィールドでインタビューする」京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 京都大学東南アジア研究所編『京大式 フィールドワーク入門』NTT出版

 (2)国際学会における発表

  • OGAWA Sayaka“The Trade of Second-Hand Clothes in The Local-Mega City Mwanza Tanzania: With Special Reference to the Social Networks of Mali Kauli Transaction” 2003年10月、International Workshop of 21st Century COE Program, Addis Ababa University

(3)国内学会、ワークショップにおける発表

  • 小川さやか「タンザニア、地方拠点都市ムワンザにおける古着流通」2003年3月日本民族学会近畿支部例会学位論文発表会 京大会館
  • 小川さやか「タンザニア地方拠点都市ムワンザ市における古着流通‐マリ・カウリ取引をめぐる社会ネットワークを中心に」2003年5月 日本アフリカ学会第40回学術大会 島根大学 
  • 小川さやか「『仲間のあいだで稼ぐ』−都市零細商人の商慣行の歴史的変遷‐」2004年10月 京都ワークショップ『フィールドワークから紡ぎだす‐発見と分析のプロセス‐』京都大学
  • 小川さやか「タンザニア都市零細商人の商慣行の歴史的変遷‐都市経済活動における社会的連帯の形成と発展−」2005年5月、アフリカ学会第42回学術大会 東京外国語大学