特別編 自然地理研究会10周年記念の会

 趣旨

自然地理研究会は、2001年の発足から今年で10周年を迎えました。これを祝して、このたび10周年記念の会を催しました。OBの方を招き話題提供をしていただいたり小実習を行ったほか、これを節目として、これまでの研究会の歩みを振り返った上で今後の研究会の方向性についてなどのディスカッションも行いました。

 会全体の概要

日時

2011年6月11日(土)−12日(日)

場所
和歌山県西牟婁郡白浜町
参加者
24名 (学部生8 [文2;医1;工1;名古屋大学-医1;大阪大学-外国語1;立命館大学-文1;奈良大学-文1]、 院生10 [農1;人環1;AA研7;地環1]、 教職員4 [農1;AA研2;甲南大学-文1]、 その他2)
行程
6/11(土)

京都駅八条口集合、出発→三段壁バス停到着→自由時間(昼食・お土産)→小実習:三段壁見学→温泉入浴→白浜海の家到着→自由時間(見学)→夕食→OB話題提供→ディスカッション&懇親会

 

6/12(日)

海の家出発→小実習:臨海周辺散策小実習:千畳敷見学→昼食→自由時間(見学)→白浜バスセンター出発→大阪駅桜橋口到着、解散

 小実習の概要

テーマ

海岸地形から見る南紀白浜の地質

案内者

  • 瀧口正治(京都大学修士(理学)、自然地理研究会OB)
  • 田村茂樹(京都大学修士(理学))

 OB話題提供の概要

話題提供者
題目

ラオスの自然と焼畑&自然地理研究会

 報告

初日の朝は京都駅前の高速バス乗り場に集合して自己紹介や概要説明を行いました。あいにく10周年を祝う会に相応しい晴れやかな青空とはいかず、集合時に降り出した雨はバスでの移動中も時に激しく降りしきっていました。

 

三段壁の近くでバスを降り、しばらく自由時間とし、近くのお店で各々昼食を取ったりお土産を買うなどしました。大阪からのバスに乗った人と合流したのち、相変わらず雨が降ったりやんだりする中、三段壁の見学に向かいました。

時化の海面は岸壁に荒々しく波を叩き付け、なかなか迫力のある光景です。火成岩と堆積岩(砂岩・泥岩)からなるこの崖の下には、この太平洋の荒波が削った洞窟(海食洞)があります。雨の影響で見学地を減らし時間に余裕ができたことと、その雨をしのぐため、この洞窟まで下りられるエレベーターに乗って中まで見学することにしました。

時化ていることに加え、ちょうど満潮に近い時間帯だったため、見学する通路まで大きく波が入ってきていました。崖の上から見るよりもさらに迫力満点です。

洞窟内の解説版を見ると、周囲に比べて岩石が脆い断層面の部分が、波による差別的浸食を受けることで洞窟が形成されたようです。

洞窟内はかつて熊野水軍が舟を隠すために使っていたらしく、当時の様子を再現したコーナーも作られていました。

 

三段壁見学後は町内の路線バスに乗って温泉に向かいました。

白浜温泉の外湯の一つ、白良湯は、湯につかりながら白砂が美しい白良浜を望められる素晴らしいロケーションにあります。この温泉はナトリウム塩化物泉に分類され、ややしょっぱい味がします。これは地下水に海水が混入して泉質が変化しているとのことです。

 

ゆったり湯につかったあとは、再びバスに乗り、本日の宿泊地である京都大学白浜海の家に移動しました。

海の家は京都大学瀬戸臨海実験所に隣接して建てられており、すぐ裏は田辺湾に面した砂浜になっています。白浜の北西、田辺湾の湾口に向かって突き出した番所の崎は典型的な陸繋島であり、実験所の敷地はちゅうどこの陸繋砂州の上にあります。まだ夕食まで時間があったため、ここで自由時間をとり、実験所付属の水族館や近くの南方熊楠記念館を各々見学しました。

海の家の前で再集合して施設利用についての説明を受けた後、裏の浜で記念撮影を行いました。指で10を作ろうとしていたはずなのですが…みんなばらばらですね。

 

撮影が終わると夕食調理担当者はすぐに戻って食事の準備です。

手作りのカレーとビールでまずは軽くお疲れ様!

これまでの研究会の写真をふんだんに盛り込んだ10周年記念特製映像もお披露目されて、大好評でした。

 

しかし夜はまだまだこれからです。

食事を片付けると、和室に場所を移し、まずは自然地理研究会の創設に関わった初期メンバーの一人である中辻享さんから、初期の研究会の様子や、中辻さん自身の現在のフィールドであるラオスでの研究を紹介していただきました。

研究会発足時(当初は勉強会)のエピソードや初期の活動など、今の参加者の多くは知らなかったため、皆熱心に聞いていました。また、焼畑を中心に研究のお話を紹介していただきましたが、研究会で学ばれた自然地理学的視点を、自然と人との関わりを調べる研究にどのように生かされているのか、大変興味深いお話で、次々と質問も飛び出しました。

続いて主宰者である水野さんから、HPを使ってこの10年の研究会の歩みを振り返っていただきました。懐かしい場面場面に思い出話は尽きません。

 

さて、研究会のこれまでを振り返った後は研究会のこれからのお話です。この場で研究会の中心として働く世話人の世代交代も果たし、次代の研究会を担う学部生の学生を中心に議論を進めました。財団法人国際花と緑の博覧会記念協会の助成を受けて進めている朽木谷での調査プロジェクトについて紹介も行い、特にこのプロジェクトを足掛かりとした今後の展望なども話し合いました。全体の議論が終わっても、少人数に分かれての議論は深夜に及びました。

 

翌朝眠い目をこすりながらも、みんな協力し朝食や掃除をてきぱきと済ませ、改めて実験所周辺の地形や地質をみんなで観察しました。

番所の崎の周囲は海食崖に囲まれ、きれいに層をなした砂岩や礫岩の露頭が観察できました。写真は砂岩と礫岩の不整合を観察しているところです。

 

この日は雨も収まっていたので、前日あきらめた千畳敷の見学に向かいました。少しバスの発車まで時間があったため、円月島を眺められる海岸沿いの道を一つ先のバス停まで歩いて行きました。

千畳敷は新第三紀の堆積岩からなる広大な砂岩泥岩互層です。岩が軟らかいため波に削られ複雑な地形を形作っています。砂岩と泥岩が交互に積み重なっており、より浸食されやすい泥岩部分から削られていき、上面に見えているのはほとんどが砂岩です。

 

一足先に帰る案内者の瀧口さんをみんなで送った後はバスセンターまで戻り、近くのお店で昼食をいただきました。そのあとは高速バス出発まで再び自由時間を取りました。この時にオプションとして、天然記念物の泥岩岩脈の見学も行いました。

写真で直線的に切れたように見える部分が岩脈で、これはもともとあった砂岩が地震で裂けたその裂け目に、液状化した泥が噴出し固結してできたものとされています。泥岩岩脈は周りの砂岩よりも侵蝕に弱いため、抉れて見えています。

白浜バスセンターで高速バスに乗る前に、締めのご挨拶となりました。あいにくの天候により当初の予定の変更を余儀なくされましたが、全員の協力もあって最終的には盛りだくさんの内容の、10周年にふさわしい充実した会になったかと思います。みなさんお疲れ様でした!

そしてこれからも自然地理研究会をよろしくお願いします!!

千畳敷にて記念撮影

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン