第92回 京大周辺の自然観察:大文字山の植生と地形と地質

 趣旨

今回の研究会では、京大生にも馴染みの深い大文字山をフィールドに、植生と地形と地質という複数の面から自然観察を行う。森林の樹木の同定や、地質と地形や地名の関連や、植生と人間活動との関係を実地で学ぶ。

 案内者

  • 片桐昂史(文学研究科 D1)
  • 芝田篤紀(アジア・アフリカ地域研究研究科 M2)
  • 水野一晴(文学研究科 教授)

 野外実習の概要

日時
2015年4月26日(日)
場所
京都市大文字山
参加者
20名(学部生2[文2]、院生12[AA研7、文1、地環1、奈良大学-文2、奈良教育大1]、教職員4([AA研1、文1、その他]、社会人2)
行程

白川今出川交差点南西角集合→銀閣寺横登山口から登山、適宜地質・植生に関するレクチャー→「大」の字の火床にて送り火、地形に関するレクチャー→火床から下山→京都市内にて打ち上げ

 報告

2015年度最初の巡検は大文字山にて行いました。毎年4月の巡検は「京大周辺の自然観察」をテーマに実施しています。

 

今回は計20名が参加しました。白川今出川交差点に集合し、銀閣寺周辺のにぎわいを横目に大文字山の入口へ。

 

入口の手前で花崗岩の岩肌が風化している様子を観察しました。花崗岩はタマネギ状風化と言って、タマネギの皮を剥くように表面から風化してボロボロと剥がれていきます。

 

いよいよ登ります。大文字山は海底が隆起した後にマグマが噴出してできた地形です。堆積岩にマグマが貫入して、そのマグマが冷えて固まってできた花崗岩の部分が風化によって崩れて低くなり、マグマが貫入した周辺の堆積岩が熱によって変成し、硬い変成岩のホルンフェルスとなって、侵食されにくく、大文字山と比叡山のピークを作っています。

 

道中でコナラ、イロハモミジ、モチツツジ、シイなど植生の観察を行いました。

 

大文字山ではナラ枯れやマツ枯れ、シカによる食害が問題となっています。写真はカシノナガキクイムシによるナラ枯れを防ぐために虫の入った穴をふさいである様子です。

 

こちらは幼木をシカ害から守るためにネットを張っています。

 

山頂で五山の送り火や花折断層についての説明を受けた後、休憩と昼食をとりました。

 

帰りは火床の方から下山します。

 

巡検後はバーベキューを行いました。今回は参加者全員が参加して下さり、こちらも楽しい時間となりました。

 

大文字山にて集合写真を撮影しました。参加者のみなさまお疲れ様でした。今年度もよろしくお願いいたします。

 

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン