第82回 近江八幡・西の湖における内湖とヨシ原の環境

 趣旨

琵琶湖東岸、滋賀県近江八幡市に跨る西の湖は現存する琵琶湖最大の内湖です。西の湖にはヨシが群生し、広大なヨシ原を形成しています。このヨシ原は内湖及び琵琶湖の環境を守る役割を果たすとともに、魚類鳥類の生息場としての生態系を形作っています。またヨシは地元の人々の文化・暮らしとも密接な関係を持っています。今回の実習では、内湖の形成過程・特性を学ぶとともに、見学を通してヨシ原の環境と人々との関わりを学びました。

 案内者

  • 山本知実(京都大学大学院農学研究科M1)
  • 井出健人(京都大学文学研究科M1)
  • 谷悠一郎(京都大学農学部B4)

 野外実習の概要

日時
2013年7月7日(日)
場所
滋賀県近江八幡市 西の湖ほか

参加者
11名 (学部生5 [文1;医1 ;農1 ;;奈良大学 -文1;立命館大学 -文1]、 院生5[文1;工1;農1 ; 奈良大学-文2]、 教職員1 [AA研1]、 )
行程

JR京都駅集合→JR安土駅→レンタサイクルで西の湖の観察→昼食→近江八幡へ→安土駅到着→京都駅にて解散

 報告

今回の実習はJR安土駅からスタートです。




今回は研究会史上初?サイクリングをしながら西の湖を一周するという巡検です。駅前でレンタサイクルを借りて、出発です。

少し走ると西の湖が見えてきました。




穏やかな内湖の風景を眺めながら、内湖の形成過程や特性について学びます。




内湖はその流れの穏やかさから治水・水質浄化などの機能を持ち、多くの魚類の生息地・繁殖地でもあります。そのため、かつては水運・水産業の拠点として利用されていました。






琵琶湖の伝統的な漁具・エリを見つけました。




かつては琵琶湖の周りに多数存在した内湖ですが、戦後の干拓の影響により減少し、西の湖は現存する琵琶湖最大の内湖となっています。

西の湖の周辺には近畿地方最大級のヨシ原が広がっています。ヨシ原は水質浄化など内湖及び琵琶湖の環境を守る役割を果たすとともに、ニゴロブナのような魚類、ヨシキリのような鳥類を始めとした様々な生物の生息の場としての生態系を形作っています。




静かな内湖とヨシ原の間を巡る人気の観光遊覧船。




 背丈よりも高いヨシ原の横を走ります。




ヨシは地元の人々の暮らし・文化とも密接な関係を持っています。西の湖南部の円山地域では夏には青々としたヨシ原が広がる光景、冬場には枯れたヨシを刈り取り土地に火を入れるヨシ焼きの光景を見ることができます。このヨシ原を中心に、周囲の田畑、ヨシ産業を営む集落およびその背後の里山、西の湖と琵琶湖を結ぶ八幡堀といった近江八幡の水郷景観は、2006年重要文化的景観の第一号にも選定されています。




刈り取ったヨシは葦簾(よしず)やヨシ葺き屋根を始めとして様々なものに利用・加工されます。かつては盛んだったヨシ産業ですが、安価な中国産ヨシの輸入や現代人の生活様式の変化などの波を受けて衰退の一途をたどります。ヨシ業の衰退に伴い、適切な管理がなされないことから、ヨシ原の面積減少・状態悪化も進んでいます。現在でも円山地域にはヨシを専門に販売する商店が存在し、細々とではありますがヨシ産業が維持されています。また、ヨシ原の保全活動も各所で進んでいます。




ここで、西の湖の大きさをなかなか実感できないという声が上がり、全貌を見ようということで急遽コースを変更し八幡山に登りました。ロープウェイからの景色。眼下には近江八幡の街が広がります。




奥に見えるのが西の湖の全貌です。




西の湖の大きさを実感しながら山頂で昼食をとり、八幡山を下りて西の湖一周コースに戻ります。





西の湖の東側から流れだす長命寺川です。この先が琵琶湖に繋がっています。ここで西の湖を半周、折り返し地点です。




西の湖の北側に広がる大中の湖干拓地です。かつては大中の湖という琵琶湖最大の内湖(面積は西の湖の5倍以上)でしたが、戦後に干拓され広大な農地となりました。




右手に西の湖とヨシ原、左手にかつて内湖であった干拓地を眺めながら安土駅に戻ります。




ヨシ産業の衰退を受けて、地元では新たなヨシ利用のかたちが模索されています。例えば、従来の枯ヨシではなく夏場の青ヨシを刈り取り粉末状にして食品に用いる試みがあります。ヨシジェラートもその一つ。駅前の観光案内所で購入できます。




味はまるで抹茶アイスのようでした。青臭さはなく、ヨシの繊維の舌触りを感じます。




当日は快晴で、サイクリング日和かと思いきや日中の気温は35℃付近まで上がりました。あまりの暑さに一同ぐったりとしていましたが、ヨシジェラートで体を冷やし、少し疲れがとれたところで京都への帰路につきました。

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン