第74回 六甲山地と神戸の自然環境

 趣旨

六甲山は関西地方に住む人々にとって身近な山の代表であり、気軽に軽登山を楽しむことができます。一方、六甲山地では花崗岩質の地質や断層の活動によって大量の土砂が生成され、古くから水害を引き起こしてきました。そのため、六甲山ではいたるところに砂防ダムを見ることができます。また、大量の土砂が流入することによって六甲山地南麗には扇状地や天井川といった地形が形成されました。

今回の自然地理研究会では、六甲山の形成過程や地質構造、そしてそれらに深く関連している六甲山の砂防や神戸の天井川といったテーマについて解説し、六甲山と神戸の町の関わりについて理解を深めました。また、六甲山で見られる植生や野鳥の観察も行いました。

 案内者

  • 手代木功基(地球研/甲南大・非)
  • 田中孝明(工学部)

 野外実習の概要

日時

2012年6月24日(日)

場所
六甲山
参加者
15名 (学部生12 [文2;工1;農1;大阪大学-文1;大阪大学-外1;立命館大学-文2;滋賀県立大学-環境1;甲南大学-文3]、 院生1 [地環1]、 教職員2 [AA研1;甲南大学1])

行程

阪急神戸線岡本駅南口集合→保久良神社を経て風吹岩(昼食)→五助堰堤を見学→住吉川に沿って下山→岡本駅で解散

 報告

六甲山地は兵庫県南部に位置する東西約30km、南北約10kmにわたる近畿地方を代表する山地です。今回はその中でも神戸市街地に近い、六甲山地の南部を対象にした実習を行いました。

阪急岡本駅に集合し、急な坂を登って保久良神社へ。六甲山地には多くの活断層が走っており、六甲山系はこれらの断層の活動で隆起した断層山地です。六甲山地南麗の傾斜が急な斜面も、断層に起因しています。

保久良神社からの眺め。六甲山では断層による急斜面の直下に大都市が形成されているため眺めが良く、夜景スポットとなっています。

保久良神社周辺は、中生代に形成された泥岩がみられます。これは、六甲山を構成する主要な岩石である花崗岩よりも古い岩石です。

保久良神社ではイノシシが見られました。イノシシは六甲山周辺の住宅地にも出没し、人に危害を加えるなどの問題を引き起こしています。

植生を観察しながら登っていきます。

この木はニセアカシアです。ニセアカシアは、やせ地でも成長が早いため、植林樹種として植えられてきました。現在でも六甲山にはニセアカシアが多く見られます。

登山道の谷沿いには一部で人工林もみられました。スギ・ヒノキの違いを学びます。

岩石が変化してきました。花崗岩が目立つようになり、その風化物質であるマサが地面を覆っています。マサは侵食されやすいため、登山道となっているところはかなり削れています。

風吹岩に到着しました。多くの登山者が休憩しているのにまじり、我々もお昼ごはんです。

少し北上し、ゴルフ場へ。このゴルフ場がある場所は、六甲山にみられる平坦面のひとつです。六甲山は平坦面と急斜面の組み合わせからなっており、古い時代の平坦面が断層の活動によって段状にみられます。

地形や植物の観察を行いながら沢沿いに下山します。

五助堰堤(ダム)に到着しました。この周辺には断層も複数走っています。写真は五助堰堤の上流部です。

五助堰堤を下からみたところ。六甲山は断層運動が活発であることと、花崗岩が風化されやすいことによって、土砂が生産されやすく、土砂災が頻繁に起こる地域です。そのため、多くの砂防ダムが建設されています。これらの砂防ダムが神戸の市街地の災害を防ぐ役割を果たしています。

五助堰堤上部の様子。大量の土砂が堆積し、一部では樹木も見られます。

住吉川に沿って下り、市街地に戻って来ました。最後に住吉川を見ながら、川が形成した扇状地と天井川についての解説を行いました。この辺りが扇状地であるためJR神戸線では等高線に沿った線路がみられ、さらに住吉川が天井川になっているため川の下にトンネルが通っています。

今回の記念写真は風吹岩で。梅雨の蒸し暑い一日でしたが、お疲れ様でした!

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン