第72回 京大周辺の自然観察:比叡山の地質と植生

 趣旨

今回は京大生にとって身近なフィールドである比叡山を歩き、植生や地質の観察を行いました。植生については比叡山で見られる代表的な樹木を観察し、「二次林」と「人工林」それぞれの特徴などを学びました。また、地質については比叡山を構成する花崗岩とホルンフェルスを観察し、地質と地形の関係について説明しました。頂上付近からは市内及び琵琶湖の景観を概観しました。

 案内者

  • 田中孝明(工学部)
  • 井出健人(文学部)
  • 中三川洸太(立命館大学文学部)

 野外実習の概要

日時

2012年4月29日(日)

場所
京都市左京区
参加者
10名 (学部生7 [文2;工1;総1;農1;立命館大学-文1;大阪大学-文1]、 院生2 [文1;地環1]、 教員1 [AA研1])
行程
09:00 叡山電車出町柳駅改札前に集合

09:15 出町柳駅から叡山電車で修学院駅へ移動

09:30 修学院駅出発

10:00 修学院登山口到着、音羽川の砂防ダムを見学して登山道へ

12:00 山腹で昼食

13:00 山頂へ向けて出発

14:00 ケーブル比叡駅に到着

14:30 比叡山頂付近に到着

15:00 八瀬方面へ下山開始

  途中、ケーブルカー、叡山電車を使って移動

17:00 打ち上げ@百万遍

 報告

今回の自然地理研究会は、京都大学のすぐ近く、比叡山の植生・地質を観察しに行きます。

比叡山の登山口へは、出町柳駅から叡山電車で移動します。今回の登山は、白川通から比叡山に向かって西側の登山口、「雲母坂」から始まります。

「雲母坂」を流れる音羽川です。そこに堆積している白い砂は、「真砂」といい、花崗岩が風化してできたものです。「白川」の由来の一つにもなっているこの砂ですが、これから登る比叡山の花崗岩が侵食されたものが運搬されてできたものです。

登山口で一枚。「雲母」と書いて「きらら」と読みます。花崗岩を構成するのは、「石英・長石・黒雲母」。その「雲母」です。

登り始める前に、今日の概要を説明します。今回は、山体の下部が花崗岩質、上部が接触変成岩であるホルンフェルスから構成される比叡山の地質の違いを観察します。また、登山道沿いの植生から、二次林と人工林の特徴の違いなどを観察します。

音羽川には砂防ダムが設けられています。花崗岩は風化しやすく、真砂の流れる量が多かったためにかつては水害が頻発していました。

登山開始です。下部は花崗岩質で侵食を受けやすいため、人の往来などで登山口が大きくえぐれているのがわかります。

花崗岩の風化の様子がよくわかります。

この付近では、「二次林」の景観が見られます。「二次林」とは、元々の森林(この段階を「天然林」と言います。)が、薪炭材の採取などを目的とした伐採による人工的改変を受けた段階の森林を指します。陽樹が多いのが特徴です。一方で、スギやヒノキなど、人工的な植林から構成される森林が「人工林」です。

ヤマフジのツルと新芽です。なお本隊は休憩中。昼食を摂る場所で揉めています。確かにお腹は減りました。

が、昼食は我慢して先へ進みます。植林された針葉樹の林です。

侵食された花崗岩の登山道、手前には広葉樹の二次林、そして奥のまっすぐ伸びているのが針葉樹の人工林です。

待ちに待った昼食の時間です。常緑針葉樹の林は光が届きにくく、木陰がちです。

向かって左手が常緑針葉樹林、右手が広葉樹林です。光量の差がよくわかります。

明るさを変えて同じアングルでもう一枚パノラマ写真です。

比叡山の山頂付近は、変成岩であるホルンフェルスで形成されれています。黒くて硬いのが特徴ですが…

確かに叩くと金属音のような硬い音がします。黒くて硬い特徴には合致しているので、ホルンフェルスであると思われます。

京都盆地を一望します。桜の季節ももうそろそろ終わりです。

スキー場跡で一休みです。

頂上付近にて。モミの木です。かつては比叡山の優占植生でしたが、京友禅の染色工程に用いられたことから、頂上付近以外ではあまり見られなくなりました。

頂上の駐車場にて恒例の集合写真です。

帰りはケーブルカーを利用して八瀬口へと降りていきます。なおこちらの叡山ケーブルカー、日本一の高低差を誇ります。

八瀬は鴨川の支流、高野川の上流部です。高野川はここから更に上流、大原から流れてきます。

叡山電車で出町柳まで戻って、恒例の(?)打ち上げです。皆さんお疲れ様でした!

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン