第69回 綾部市古屋集落におけるトチノキの生育環境とその利用

 趣旨

京都府綾部市睦寄町古屋には,トチノキの巨木が多数生育しています。過疎化が進む古屋集落では地域活性化政策が取り組まれており,近年では栃の実を使った商品を地域ブランドとして売り出す取り組みも行われはじめました。今回の野外実習では,古屋におけるトチノキの巨木林を見学し,古屋自治会長の渡辺様のお話を伺いながら,トチノキと住民の生活との関わりを考察しました。

 案内者

  • 渡辺和重(古屋自治会長)
  • 中三川洸太(立命館大学文学部)
  • 田中孝明(京都大学工学部)

 座学の概要

日時
2011年11月24日(木)
場所
京都大学稲盛財団記念館
参加者
8名 (学部生3 [医1;工1;立命館大学-文1]、 院生2 [AA研1;地環1]、 教職員3[AA研3])
内容
  • 実習当日の概要と持ち物について
  • 古屋集落の現状

 野外実習の概要

日時
2011年11月27日(日)
場所
京都府綾部市古屋
参加者
6名 (学部生3 [文1;工1;立命館大学-文1]、 院生1 [地環1]、 教職員2[AA研2])

 報告

京都府綾部市の北部に位置する古屋集落は、江戸時代には都と舞鶴を結ぶ京街道の裏街道の通過点であり、最盛期には約70世帯が存在しました。しかし、現在の人口は6人で、そのうち5人の年齢が85歳以上であり、限界集落となっています。

この古屋の森には巨木を含め多くのトチノキが生育しており、集落の人たちはトチノキを上手く利用して生活してきました。近年では、トチノキの保全と集落の活性化を目的としたボランティア活動も盛んです。

今回の実習では、古屋のトチノキ林を見学し、トチノキの生育環境を考察するとともに、古屋の人々とトチノキとの関わりを考えました。

車を止めて古屋の公民館へと向かいます。今年は紅葉の時期が遅れたため、色づいた木々を見ながら実習を行うことができました。横に流れているのは古屋川です。由良川やその支流の上林川の上流に当たります。

古屋の公民館に到着しました。古屋のマスコットキャラクター、「とち丸」が出迎えてくれます。

公民館で今回の実習の案内人の渡邊さん、住民の方々と面会しました。集落の方々は古屋の特産品の栃あられ・栃おかきの製作中でした。皆さんから古屋の歴史や、栃の実の利用法などを伺いました。

アツアツの栃餅をいただきました。この栃餅はおかきに加工するためのもので、普通の栃餅よりもほんのりとした甘さがあります。住民の方の手作りです。栃餅をほおばるメンバーから次々と「おいしい!」との声が上がりました。

こちらは製作中の栃あられと、栃おかきです。先ほどの栃餅を乾燥させ、油で揚げて作ります。原料となる栃の実も全て古屋の山で採ってきたものです。元々は住民の方が実を採りに行っていましたが、最近ではボランティアを募って栃の実拾いを行っています。

渡邊さんの案内で谷の入り口へと向かいます。古屋ではトチノキが生えるのは全て北向きの谷で、南向きの谷には生えないそうです。

山に入るメンバーの様子です。古屋の山裾にはスギ林が広がりますが、これは昭和30年頃から植えられたものです。道の右手のスギ林が一段高い所にありますが、これは植林前の棚田の名残です。

トチノキの巨木です。写真のトチノキは足場の悪い急斜面に生えており、太い根を網目のように張り巡らしています。これは、岩盤が浅い位置にあるために、根を深く掘り下げることができないためかと思われます。トチノキは樹冠が広いので、日光が地面に当たらず、下草はあまり生えていません。最近では鹿の食害の影響もあるようです。

トチノキの周りには鹿対策の為にネットが張られています。ボランティアの方々の尽力によるものです。

渓流のすぐ脇に、へばりつくようにして生えていたトチノキです。その大きさに、メンバーも驚きの表情をみせています。一際大きいこの木には、栃神様が宿っているとの伝説があります。昔、古屋の人々が飢饉に苦しんでいた際に、神様が栃の実の食べ方を教えてくれた、とのお話です。

渓流の水源です。澄んだ水が流れ出しています。ミネラルたっぷりの水は、ペットボトルに入れて売り出すことも検討されています。道中の疲れが癒されました。

ぽっかりと空いた穴が複数存在します。これは炭焼きの跡です。古屋では今から20〜30年前まで炭焼きが行われていたそうです。

山の中腹まで進むと植生がスギ林から落葉樹林へと変わります。この辺りでは、古屋の方々が山焼きを行い、拓けた土地で家の屋根に使う萱を育てていたそうです。中央に見える太い木はトチノキではなく、ミズナラです。

自然地理研究会お決まりの風景。葉っぱの形から植物の同定をしています。

「これは、クリかな?」

山の上へ到着です。お昼を食べながら皆さんで談笑しました。渡邊さんから集落をもう一度活性化させるための努力のお話や、ボランチィアの方々への感謝の気持ちなど、古屋に対する熱い思いを聞くことができました。

お昼の後は付近のトチノキを見学します。ここは最もトチノキが多い場所で、沢山の巨木があります。

写真の中の太い木は全てトチノキです。この場所は地下の岩盤が厚いことや、斜面が比較的平坦なことから地下水が溜まりやすく、トチノキの生育に適していると考えられます。

雷で倒れたトチノキの枝を切る渡邊さんです。切った枝は皆で分担して集落へと持ち帰りました。

2本目の谷に入ります。こちらは先ほどの谷よりも急なV字谷です。付近の美しい景色やトチノキを見ながらも、へっぴり腰になる学部生の面々・・。

時間の都合もあり、この辺りで引き返しました。目の前にあるのはトチノキの倒木。この奥には、さらに沢山のトチノキの巨木があるそうです。

下山後に公民館前で古屋の皆さんと一緒に記念撮影をしました。その後、温泉で疲れを癒し、帰路へと着きました。古屋の皆さん、ご協力有難うございました。そして参加された皆さん、お疲れ様でした!

[本活動の実施にあたって財団法人国際花と緑の博覧会記念協会助成の一部を活用しました。]

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン