第66回 朽木のトチノキ巨木林に関する調査〔7月編〕

 趣旨

 自然地理研究会10周年にあたる節目の今年度は、滋賀県高島市朽木をフィールドに継続的な調査活動を実施しています。近年,地域のシンボル的な樹木としてトチノキの価値が見直され、それを活かす動きが現れています。一方で、トチノキの巨木が存在する地域では、トチノキと住民との深い関わりが歴史的に持続してきた側面も示唆されます。

 今年度の調査活動では、トチノキ巨木林を有する朽木を対象としてトチノキの生態的、文化的な価値に焦点をあて、人とトチノキの関係性を動かす諸事象を探っていきます。

  [本調査活動の一部は財団法人国際花と緑の博覧会記念協会の助成を受けています]

 今回はトチノキの生育する谷筋で植生調査、毎木調査を実施しました。地元の方の協力の下、谷筋でのトチノキの分布状況や群落の構成を調べました。

 また、地元でトチノキの保全活動をしている方々との交流や朽木でのトチ利用に関する聞き取り調査も行いました。

 座学・ミーティングの概要

日時

2011年7月14日(木)

場所
京都大学稲盛財団記念館
参加者
12名 (学部生5 [文1;医1;工1;立命館大学-文1;大阪大学-外1]、 院生6 [文1;農1;人環1;AA研2;地環1]、 教員1 [AA研1])
内容

  • 調査活動の趣旨や本調査実習の説明(飯田)
  • 朽木の概要(田中)

 野外実習の概要

日時

2011年7月16日(土)-18日(月)

場所
滋賀県高島市朽木
参加者
11名 (学部生5 [文1;医1;工1;立命館大学-文1;大阪大学-外1]、 院生5 [文1;農1;AA研2;地環1]、 教員1 [AA研1])
行程
7月16日(土)

稲盛財団記念館集合→出発→グリーンパーク想い出の森到着→調査地へ移動、調査準備、植生調査→後片付け→想い出の森に帰着後、いきものふれあいの里にてBBQ→就寝

 

7月17日(日)

起床・朝食→植生調査→後片付け→想い出の森に帰着後、夕食→就寝

 

7月18日(月)

起床・朝食・清掃→朽木市場にて聞き取り調査→調査終了→朽木出発→稲盛棟南側駐車場にて解散

 結果のまとめの概要

日時

2011年7月20日(水)

場所
京都大学稲盛財団記念館
参加者
12名 (学部生5 [文1;工1;立命館大学-文1;大阪大学-外1;奈良大学-文1]、 院生6 [文1;農1;人環1;AA研2;地環1]、 教職員1 [農1])
内容

  • 植生調査結果のまとめ
  • 聞き取り結果のまとめ
  • 今後の方針検討

 報告

調査1日目。この日は朽木でトチ巨木林の保全活動を行なっている青木繁さんのグループと共同で植生調査を行いました。

今回の調査活動では巨木の分布・生育環境などを調べます。

待ち合わせ場所で待機。

まずは挨拶です。

これから山に入ります。トチノキは水分の多い谷に多く生える傾向があり、今回調査を行なった巨木林は谷の奥の斜面にあります。

谷の奥を目指します。

川を渡っています。谷に沿って山を登って行きます。

巨木林のある場所までやってきました。谷の斜面にトチノキの巨木が見られます。

調査前の打ち合わせです。今回は2班に別れて谷の巨木のデータを集めます。

測定項目は巨木の位置・胸高直径・樹高などです。

巻尺でトチノキの胸高周囲長を計測しています。今回の調査では胸高直径が1m以上の木を巨木としています。

樹高を計測中。樹高の計測にブルーメライスという機器を使っています。

これがそのブルーメライスです。ブルーメライスは三角測量の原理を用いており、測定位置から木までの距離、ブルーメライスで木の頂点を見上げた角度、根元を見た角度によって樹高を割り出します。

このあたりではかなりの本数のトチノキの巨木を見ることができます。

こちらはカツラです。トチノキよりも本数は少ないものの、こちらも立派な巨木です。

この谷ではトチノキ・カツラの2種が巨木として見られます。

先程のカツラを横から見た写真です。カツラはトチノキと異なり株立ち(一本の木の根元から複数の幹が出ていること)になる傾向があり、胸高周囲長の測定がやや厄介です。

トチノキの巨木。人の大きさと比較することでその大きさを実感していただけると思います。

 

この日は調査を行なった谷にある巨木の半分ほどを調べて調査を終えました。

調査中にわからなかった樹種を同定しています。

調査終了後に記念撮影です。

温泉に入浴後、本日お世話になった青木繁さんたちとバーベキューです。火の準備をしています。

みんなでバーベキューを楽しみこの日は終了です。

 

2日目。この日は自然地理研究会単独での植生調査です。

調査の前に朽木の朝市で腹ごしらえです。朽木では毎週日曜日と祝日に朝市が開催されます。

朝食中。

再び調査地へとやってきました。この日も2班に別れて調査を行います。

この日も多数のトチノキの巨木を調べました。

トチノキの表面がコケで覆われています。トチノキの巨木にはコケの他にもシダやランの仲間がよく着生しています。

トチノキの樹皮です。独特の模様が見られます。

写真では少しわかりづらいのですが、トチノキが生えている斜面は登ってみると結構急で、移動が意外と難しいです。調査参加者の中には斜面が苦手で最後まで苦労している人もいました。

 

この日調査地の巨木を調べ終え、2日間続いた植生調査は終了しました。

今まではわかっていなかった、調査を行った谷に生育する巨木の本数・大きさ・分布を今回の調査によって明らかにすることができました。今後はこのデータからトチノキの巨木の生育環境を読み取り、朽木において巨木がどのようにして残ってきたのかを考えたいと思っています。

下山途中で撮影した炭焼き窯の跡です。朽木では戦後すぐまで炭焼きが盛んに行われていたそうで、このような炭焼き窯の跡がいくつも残っています。

調査後はくつき温泉「てんくう」で入浴・夕食。記念撮影も行いました。

翌日の聞き取り調査のための打ち合わせを行なっています。

 

3日目。最終日であるこの日は朽木市場で聞き取り調査を行いました。

普通月曜日に朝市は開催されませんが、7月18日は祝日だったので朝市が開催されました。そのため前日に続いて朝市で朝食を取ることに。

朽木市場の街並み。この街路は江戸時代に整備され、現在も当時の面影を残しています。

市場の街路には傍らに必ず用水路が見られ、生活用水や消火用水として利用されてきました。

この建物は「丸八百貨店」です。丸八百貨店は昭和8年に立てられ、現在国の登録文化財に指定されています。

市場在住の方から朽木盆に関する話を聞かせてもらっています。朽木では江戸時代に挽物が盛んに行われ、お盆や茶碗などが大量に生産されました。特に朽木で生産されたお盆である朽木盆はブナやトチの大木から作られたそうです。

そのため朽木盆を調べることは、江戸時代に巨木がどのように利用されてきたのかを知る手掛かりになるのではないかと考えられます。

これが朽木盆です。明治時代に陶器の普及が進み、朽木盆は生産されなくなりました。そのために現在は数が限られており、非常に貴重な品です。

別の方から栃餅や朝市に関する聞き取りを行なっています。

トチノキがどのように利用されてきたかを知ることは、トチノキの巨木がいかにして残ってきたかを知る上で非常に重要であると考えられます。

 

こうして3日間の調査は無事終了しました。

皆様お疲れ様でした。

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン