第54回 京大周辺の自然観察:比叡山の地質と植生の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!第54回 京大周辺の自然観察:比叡山の地質と植生
!!趣旨
今回は京都盆地の北東部に位置し、京大生にとって身近なフィールドである比叡山を歩き、そこで見られる地質や埴生の観察を行い、現在の東山地域の形成過程について理解を深める。

まず大文字山から比叡山までが一望できる加茂大橋で、東山の埴生と京都盆地および東山の地形史を概観する。登りに利用するきらら坂ではアカマツ林とコナラ林の特徴や、人工林と二次林の違いについて説明する。また人間の往来によって削られた特徴的な地形を観察し、山を形成する岩石である花崗岩の特徴について理解を深める。

最後に、比叡山頂を形成するホルンフェルス岩体を観察し、山頂から京都〜琵琶湖に至る景色を一望することで京都盆地の地形的特徴を確認する。 
!!案内者
*瀧口正治(理学研究科)
*田中孝明(工学部)
!!野外実習の概要
::日時
2010年4月25日(日)
::場所
京都市左京区
::参加者
19名 (学部生5 [総1;医1;工1;農2]、 院生13 [理1;農3;人環1;AA研7;地環1]、 教員1 [AA研1])
::行程
08:45 叡山電車出町柳駅改札前に集合

      鴨川へ移動して、比叡山から大文字にいたる地形を見ながら巡検の概要説明

      その後叡山電車で修学院駅へ移動

10:00 修学院駅出発

10:30 修学院登山口到着、音羽川の砂防ダムを見て登山道へ

      比叡山の植生や、花崗岩の作る地形について観察しながら登山、途中昼食休憩

14:30 ケーブル比叡駅に到着。ロープウェイで山頂へ

15:10 比叡山頂に到着

      琵琶湖と京都盆地、岩倉、大原などを展望

16:00 八瀬方面へ下山開始、宝ヶ池から京都バスにて岩倉へ

18:00 打ち上げ@水野邸

!!報告
まずは出町柳駅にほど近い鴨川の右岸に集まって概要の説明をします。

{{img 54-01.jpg,height=350}}

概要説明の様子。


この地点からは比叡山と大文字山、およびその間の山中越を同時に見通すことができます。

{{img 54-02.jpg,height=350}}

左が比叡山、右が大文字山で、その間の凹地に山中越があります。

上の写真の地形は両側が高く、その間の部分が凹んだ形になっています。この地域は海の底に堆積した砂泥や生物の遺骸の層に、約1億年前にマグマが貫入することによって作られました。比叡山と大文字山の山頂の間の一帯にマグマが冷えて固まった花崗岩が露出しています。
マグマの高熱によって周辺の堆積物は熱され、固い変成岩のホルンフェルスとなりました。ホルンフェルスの間の部分に存在する花崗岩は軟らかくて風雨に弱い岩石なので、花崗岩が選択的に浸食され現在のような地形になりました。

 

叡山電車で修学院駅に向かい、そこから音羽川沿いに歩いて比叡山の雲母坂登山口から山に入ります。音羽川は軟らかく浸食に弱い花崗岩を削りながら京都盆地に注いでいる川で、周辺の地域はたびたび洪水と土砂災害に悩まされてきました。昭和40年代には大規模な護岸工事が行われ、現在のような三面コンクリート張りの河川になりました。また上流部には巨大な砂防ダムが幾重にも建設され、そのうち最も下流側にあるものを今回見ることができました。

{{img 54-03.jpg,height=150}}

音羽川の砂防ダム。ここから左手に入ったところに登山口があります。

 

砂防ダムの前を通り過ぎて、登山口に入ります。

今回利用する雲母坂は延暦寺の建立以降、千年以上の間人々に利用されてきた登山道です。この地域を構成する花崗岩は軟らかいため人の往来によって削られ、さらにそこを雨水が流れることで浸食が進みました。登山道のある部分は周りに比べ、多いところでは数mも窪んでいます。歴史の長さと、人間活動が自然に及ぼす影響を感じます。

{{img 54-04.jpg,height=350}}

人々の往来によって削られ、周りより低くなった登山道。

 

軟らかい岩石が絶えず削られているおかげで、登山道では新鮮な岩石を見ることができます。登山道の前半は主に花崗岩で構成されていますが、ところどころに時代の新しい花崗岩や安山岩と思われる貫入岩が現れます。

{{img 54-05.jpg,height=350}}

花崗岩(右)と安山岩(左)の境界部分。岩質の違いがよくわかります。

{{img 54-06.jpg,height=300}}

花崗岩の露頭。上は風化が進んでぼろぼろになっていますが、下のように風化の進んでいない、鉱物が原型を留めているものもあります。

 

{{img 54-07.jpg,height=300}}

{{img 54-08.jpg,height=350}}

花崗岩と貫入岩体に貫入している岩脈の拡大写真。貫入しているのは安山岩でしょうか。

{{img 54-09.jpg,height=350}}

坂を登り終えて平坦な尾根筋へ抜けると、いったん周りの景色がひらけます。

 

ふもとから山頂に至るルートの前半では、二次林という森林の形態が見られました。

{{img 54-10.jpg,height=350}}

二次林の様子です。矢印の先には二次林を構成する代表的な樹木であるコナラが見られます。二次林とは伐採や落ち葉掻きなどの人為的な撹乱や、自然災害などによる撹乱を受けたことにより成立している林のことです。比叡山の二次林ではコナラの他にクヌギやアベマキ、アカマツなど、様々な樹木を見ることができます。

{{img 54-11.jpg,height=350}}

アベマキの幹です。樹皮はコルク質で、独特の感触があります。

 

二次林の中を抜けてしばらく進むと関西電力の送電線と鉄塔に遭遇しました。景色がよいこの場所で昼食にします。

{{img 54-12.jpg,height=350}}

関西電力の鉄塔下からの景色。

{{img 54-13.jpg,height=350}}


まだまだえぐれた道は続きます。

 

修学院側からのルート(今回使用)と宝ヶ池側からのルートが合流してからしばらく進むと、戦国時代の武将千種忠顕を祀った石碑へ向かう分かれ道が現れます。

{{img 54-14.jpg,height=350}}

千種忠顕を祀った石碑。山桜が咲いていました。

 

この分かれ道を越えたあたりから登山道の様子が変化します。上の方から転がってきた黒っぽい石が路面に現れだし、地面のえぐれも少なくなります。まもなく登山道脇の壁にも黒っぽい岩石が見られるようになると、山の傾斜はますます急になります。

表れ出した黒っぽい岩石はホルンフェルスと呼ばれる熱変成岩の一種で、花崗岩が堆積層に貫入した時に周りの堆積岩が熱されることでできた岩石です。ホルンフェルスは固く浸食に強いため削られ残り、現在では花崗岩地帯に比べて相対的に標高が高くなっています。

{{img 54-15.jpg,height=350}}

石碑を越えると変成岩が道端(上)や斜面(下)に現れ始めます。下の方ではこのような礫は転がっていませんでした。

{{img 54-16.jpg,height=350}}

 

またこのあたりから道の周りの林が二次林から人工林へと変化します。

{{img 54-17.jpg,height=350}}

人工林の様子です。人工林とは人間が特定の樹種を植えたことによって成立している林のことです。本州の人工林では主にスギやヒノキが見られます。

{{img 54-18.jpg,height=350}}

ケーブル比叡駅近くの人工林の様子。木の根が地表に露出しています。岩石が固いため深く根をはれないのでしょうか。

 

ケーブル比叡駅に到着すると一気に視界がひらけます。上から俯瞰的に見下ろすことで、京都が周りを山に囲まれた平坦な盆地に立地していることを実感します。

{{img 54-19.jpg,height=350}}

京都盆地の遠景。

{{img 54-20.jpg,height=350}}

岩倉の遠景。

 

ロープウェイを使って山頂へ向かい、駐車場からさらに景色を眺めます。山頂からは京都盆地以外にも、大原や琵琶湖、比叡平など様々な角度の遠景が見られます。

{{img 54-21.jpg,height=350}}

大原の遠景。

{{img 54-22.jpg,height=150}}

琵琶湖と比叡平の遠景。

 

これにて巡検の行程は終了。頂上からケーブル比叡駅まで徒歩で下ります。

ケーブル比叡駅からケーブル八瀬駅までケーブルカーを、八瀬比叡山口駅から宝ヶ池駅まで叡山電車を用い、そこから京都バスで水野邸(岩倉)へ移動して打ち上げを行いました。

{{img 54-23.jpg,height=350}}

打ち上げの様子。

{{img 54-24.jpg,height=350}}

今回の集合写真は比叡山頂の駐車場で撮影しました。

 

<おまけ>今回見られた建造物の一部を紹介します。

ロープウェイ比叡駅とロープウェイ比叡山頂駅を結ぶ登山道の途中には、2002年に閉鎖した比叡山人工スキー場の跡地があります。

{{img 54-25.jpg,height=150}}

比叡山人工スキー場跡地。

{{img 54-26.jpg,height=350}}

今回の巡検で使用した叡山ロープウェイ。

{{img 54-27.jpg,height=350}}

今回の巡検で使用した叡山ケーブル。
トップ 一覧 検索 ヘルプ ログイン