第48回 紀伊山地の自然環境と修験道の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!第48回 紀伊山地の自然環境と修験道
!!趣旨
大峰山脈は、紀伊半島中央部に位置する南北に伸びる山系です。地質学的には西南日本の外帯に当たり、穏やかな山並みが連なる京都周辺の内帯とは違い、急峻な山地が形成されています。主峰の八経ヶ岳は近畿地方最高峰(1,915m)に当たり、亜高山帯植生であるシラベやトウヒ、山地帯の代表種であるブナを抱えています。一方で、大峰は急峻な地形がもたらす険しさから修験道における修行の場とされ、千年以上にわたり人々に登られてきました。本実習ではこれらの要素を踏まえ、紀伊山地の地質・地形、植生、修験道の概要を学びます。
!!案内者
*通山潔(医学部B1)【地質・地形担当】
*田中孝明(工学部B1)【植生担当】
*竹内明史(農学部B2)【修験道担当】 *座学のみ資料参加
!!座学・ミーティングの概要
!第1回
::日時
2009年10月13日(火)
::場所
京都大学稲盛財団記念館
::参加者
11名 (学部生5 [法1;医1;工1;農2]、 院生4 [理1;農1;人環1;AA研1]、 教員1 [AA研1]、 その他1)

  
!第2回
::日時
2009年10月20日(火)
::場所
京都大学稲盛財団記念館
::参加者
11名 (学部生4 [法1;医1;工1;農1]、 院生5 [理1;農1;人環1;AA研2]、 教員1 [AA研1]、 その他1)

  
!第3回
::日時
2009年10月23日(金)
::場所
京都大学稲盛財団記念館
::参加者
9名 (学部生4 [文1;法1;医1;工1]、 院生4 [理1;農1;人環1;AA研1]、 教員1 [AA研1])
!!野外実習の概要
::日時
2009年10月24日(土)−25日(日)
::場所
紀伊山地
::参加者
10名 (学部生4 [文1;法1;医1;工1]、 院生4 [理1;農1;人環1;AA研1]、 教員1 [AA研1]、 その他1)
::行程
'''__10/24(土)__'''

07:18 京都駅発→<近鉄>→下市口駅→<タクシー>→

10:35 行者還トンネル西口着(入山)

15:57 弥山小屋着〔テント泊〕

 

'''__10/25(日)__'''

05:11 弥山小屋発→八経ヶ岳ピストン→

06:06 弥山小屋発

11:26 行者還トンネル西口着 <タクシー>

12:35〜 洞川温泉入浴・散策・打ち上げ→<奈良交通バス>→下市口駅→<近鉄>→

21:18 京都駅着

!!報告
今回は新たな試みとして学部1 ,2回生に案内者を務めてもらい、近畿最高峰の八経ヶ岳へ登りながら、紀伊山地の植生・地形・地質などの観察を行いました。

 

土曜日の早朝。京都発の近鉄車内で順次集合し、下市口駅へ向かいます。事前の天気予報では土曜は晴れでしたが、昨夜から予報が暗転し、道中の雲の色は暗い・・・。下市口駅からは予約していたタクシーに分乗します。途中、運転手さんのご好意で所々車を止めていただき、川迫川沿いの風景を観察しながら、登山口である行者還トンネル西口へ向かいます。

{{img omine01.jpg,height=300}}

川迫ダムの上流。

白っぽく見えるのは土砂で、ダムの上流まで川を埋め尽くしています。年1回、ダンプで運び出しているそうです。

{{img omine02.jpg,height=300}}

川迫川に架かる吊り橋から行者還岳(奥の尖った山)の雄姿を仰ぎます。川底には真っ白な花崗岩が露出しています。地下にあった岩体が川の下刻作用によって地表に現れたと考えられます。

{{img omine03.jpg,height=300}}

紅葉真っ盛りの山々。

今年ほど赤が目立つ年は珍しいと運転手さんが仰ってました。

 

行者還トンネル西口に到着し、入山準備に取りかかります。

{{img omine04.jpg,height=300}}

入山前の作戦会議。いよいよ入山です。

{{img omine05.jpg,height=300}}

登り始めて最初の休憩。

辺りはブナ林で、赤い肌のヒメシャラも目立ちます。

ある程度登ると、ブナ林の中にヒノキやミズナラが多く見られるようになり、下層ではウラジロモミも出現するようになりました。

{{img omine06.jpg,height=300}}

ミズナラ?のどんぐり。

林床に所々落ちていました。

{{img omine07.jpg,height=300}}

ウラジロモミの葉は、名前の通り裏が白いのが特徴です。

{{img omine08.jpg,height=300}}

主稜線に出るあたりから、林床を背の低いミヤコザサが覆うようになりました。

稜線一帯には砂岩が分布します。木本はハウチワカエデ、ウラジロモミ、ブナなどが目につきました。

{{img omine09.jpg,height=300}}

少し登ると、台風による風害跡地がありました。

標高1600mに達するこの辺りでは、ブナ林よりも標高の高い所に分布するトウヒ林が見られます。ブナ林は山地帯、トウヒ林は亜高山帯に相当し、このように標高によって植生が変わることを植生の垂直分布といいます。

{{img omine10.jpg,height=300}}

鞍部へと少し下るとトウヒはすぐに姿を消し、ハウチワカエデやブナの森に戻りました。垂直分布は標高にとても正直なようです。

{{img omine11.jpg,height=300}}

途中、行者さんと行き違いました。現代の行者さんは普通にザックを背負ってるんですね。

{{img omine12.jpg,height=300}}

聖宝大師像。

修験道の当山派の祖とされる人物です。

聖宝ノ宿跡を過ぎてからはぐんぐん標高を稼ぎ、本格的に亜高山帯へ入っていきます。トウヒ林をしばらく登っていくと、亜高山帯のもう一人の主役、シラベも登場しました。

{{img omine13.jpg,height=300}}

倒木上更新。

シラベやトウヒなどの針葉樹に多い更新様式で、寿命や天災などによって倒れた幹の上に、種が落ちて芽生えたものです。倒木の上は下草に光を遮られたり菌に侵されることが少なく、またコケのおかげで適度に水分も保たれるため、実生には好適な環境といわれています。

 

最後の急登をがんばって、弥山に到着です。今日はここにテントを張って泊まります。テントを立て始める頃には、雨も少し強くなってきました。
明日も天気はよくないということで天ノ川温泉に向かう予定を変更し、八経ヶ岳に登ってから来た道を帰ることにします。

 

翌日は5時過ぎに弥山を出発。近畿最高峰の八経ヶ岳を目指します。辺りはまだ、闇の中です。

{{img omine14.jpg,height=300}}

闇夜の森。

{{img omine15.jpg,height=300}}

夜明けを待って山頂で記念撮影。
しかし、霧の中で展望はありません。

八経ヶ岳山頂周辺では、稜線の西側がなだらかな斜面なのに対して、東側はスッパリと切れ落ちています。日本アルプスと同様、氷期に西寄りの風が雪を吹き上げ、雪の重みで東側斜面が削られたのではないかと思われます。

{{img omine16.jpg,height=300}}

偏形樹。

風が一方向からだけ強く吹くと、風上側の枝は乾燥によって枯れてしまい、風下側の枝だけが残ります。

{{img omine17.jpg,height=300}}

オオヤマレンゲ。

季節になればきれいな花が咲くのですが…落葉も終わって今は冬を待つばかりです。この一帯はオオヤマレンゲの自生地で、国の天然記念物に指定されています。

{{img omine18.jpg,height=300}}

シラベの縞枯れを熱く語る田中氏。

山の一部分だけまとまって樹木が枯れている現象で、その一帯が縞模様のように見えることから縞枯れと呼ばれています。枯れる原因は、吹き上げる風が風衝面を枯らすからだともいわれていますが、はっきりとはわかっていません。縞枯れ部分の林床にはシラベの稚樹が大量に発生するため、縞枯れはシラベ林の更新に大きく影響していると考えられています。

{{img omine19.jpg,height=300}}

シラベの実生。

{{img omine20.jpg,height=300}}

こちらはトウヒの実生。

シラベの葉は先端が少しくぼむのに対し、トウヒの葉は先端が尖っています。

{{img omine21.jpg,height=300}}

天河大弁財天社奥宮。

修験道の本山派の霊地で、弥山の山頂に建っています。

弥山からは再びザックを背負って、登って来た道を帰ります。

{{img omine22.jpg,height=300}}

休憩中の1コマ。

パンを食べたり、図鑑を調べたり、手帳にメモしたり・・・

{{img omine23.jpg,height=300}}

根曲がり。

雪の重みで木の根元が斜面下方に曲がる現象で、多雪地の森林によく見られます。

稜線上にはツツジの仲間のシロヤシオ、斜面のブナ林の中にはヒノキが混じっていましたが、これらはいずれも土壌の浅い所によく出てくる樹木です。多量の雨による侵食を受けて土壌が浅くなった大峰山系の特徴が表れていました。

{{img omine24.jpg,height=300}}

霧の中を進みます。

行者還トンネル西口に戻ってからは、前日に念のため予約しておいたタクシーに乗り込みます。温泉目指していざ洞川へ。

{{img omine25.jpg,height=450}}

その前に、途中のみたらい渓谷に立ち寄ります。

{{img omine26.jpg,height=300}}

長大なつり橋の上で記念撮影。ちょっと怖い・・・

{{img omine27.jpg,height=300}}

川岸の露頭は、上と下で岩相が異なるようです。

タクシーに戻って、今度こそ洞川温泉に向かいます。

ゆっくりと露天風呂に浸かった後は、せっかくなので周辺を散策してみることにしました。

{{img omine28.jpg,height=300}}

洞川集落内を流れる山上川の河原の露頭で岩石を観察します。

{{img omine29.jpg,height=300}}

メランジュの露頭。
黒っぽい泥岩の中に、白っぽい石灰岩が混在しています。周囲には脈が縦横に走っています。

付加体の中にはこのように、破砕された泥岩の中に石灰岩や枕状溶岩やチャートが混在する部分があり、これをメランジュ(お菓子のメレンゲと同じ語源)といいます。

{{img omine30.jpg,height=300}}

ここでも記念撮影。

 

河原を後にして、近くの面不動鍾乳洞に向かいます。
歩けば10分弱の道のりなのですが、せっかくだからと数名はモノレールに乗ってみました。

{{img omine31.jpg,height=300}}

元は林業用?5人乗りのモノレールでぐんぐん山を登ります。

{{img omine32.jpg,height=300}}

モノレールから後ろを振り返ります。
すごい斜面を登ってきたなぁ。

{{img omine33.jpg,height=300}}

モノレールを降りた先に待っていたのは、洞川の全景でした。

{{img omine34.jpg,height=300}}

面不動鍾乳洞の内部。

この鍾乳洞を形成する石灰岩は、ジュラ紀に付加したかつてのサンゴ礁の名残です。鍾乳石から水の滴下はほとんどなく、多くの鍾乳石や石筍がすでに成長を停止していました。

{{img omine35.jpg,height=300}}

面不動鍾乳洞を出たところでも石灰岩の露頭がありました。通山氏の熱い解説を受けます。辺りはヒノキやスギの人工林です。

{{img omine36.jpg,height=450}}

鍾乳洞からは洞川自然研究路を歩きます。

モミやカヤなどの常緑針葉樹に、ホオノキなどの落葉広葉樹が混じっています。モミやツガで代表されるこのような森林は中間温帯林といわれており、ブナなど落葉樹中心の冷温帯林とカシなど常緑樹中心の暖温帯林の間に位置づけられています。

{{img omine37.jpg,height=450}}

研究路の先に待っていたのは、村一番のつり橋、かりがね橋です。

展望抜群で、なかなかの高度感があります。

{{img omine38.jpg,height=300}}

橋から少し引き返して、龍泉寺の庭に下りてきました。洞川における修験道の基地のような役割を果たしている所です。

{{img omine39.jpg,height=300}}

洞川の街並み。

洞川は大峰の登山口として多くの修験者が訪れた集落で、道沿いには旅館やお茶屋が多数立ち並びます。

{{img omine40.jpg,height=300}}

最後は名物のぼたんなべで打ち上げです。

ごちそうさまでした!
トップ 一覧 検索 ヘルプ ログイン