第4回 地形図作成のための測量

 趣旨

「地形図作成のための測量」の野外実習(ハンドレベルを使用して測量を行い、地形図を作成する)

 講師

 概要

日時

2001年9月23日(日) 午前9時−午後4時

場所
比良山
参加者
11名 (学部生6、 院生4、 教官1)

 報告

今回の野外実習は、比良山において測量を行い、地形図を作成する実習です。快晴に恵まれ、比良山からの琵琶湖を見下ろす風景も最高です。

まず、4つのグループに分かれ、それぞれ山頂の斜面にテープを張って区画を決め、測量 を始めます。

まず、Aグループです。ひとりがハンドレベルを使って、対象物となる相手の体のうち、自分の目の高さと同じ位 置をハンドレベルを使って覗き、その角度を求めます。これを測量区画のうち、1−2m四方の格子状の各交点について測量 していきます。

Bグループは、男女ペアのグループです。どことなく楽しそうですね。

グループCです。この男女ペアグループも、楽しそうでした。

Dグループです。この肉体派グループは、他のグループの約2倍の面積を力にまかせて測量 しました。

グループAです。この3人は、学部2年、学部4年、大学院1年のメンツからなっています。

グループBです。測量者の目の高さより、対象物となる人の背が低い場合は、手を挙げてもらい、測量 者の目の高さと同じ位置を腕に印し、そこをハンドレベルで測定します。

グループCは、息が合っていたせいか、早々と測量を終えました。

Dグループは、広範囲の区画を測量したため、一番最後までがんばっていました。

肉体派Dグループは、「知恵を使う前に体を使え」をモットーに、各自が測量の対象物となるとき、測量 者の目の高さと同じ位置を顔に赤のマジックで印をつけて、がんばりました。さすが!

みんな熱心です。

測量した数値をグループごとに各自写します。この後は各自の宿題ですが、測定数値から、格子の各交点の基準点に対する比高を求め、それをもとに等高線を描いて地形図を作ります。

最近、日が短くなってきたので、急いで書き写します。

測量を終えて、記念撮影。

もう一枚。

野外実習が終わったら、バーベキューです。

野外でのバーベキューは、うまい!

ついつい箸が進みます。

肉にソーセージ、野菜・・・。好評だったのはトウモロコシです。お疲れさまでした。

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン