第34回 樹木の観察と種同定

 趣旨

朽木谷にて、樹木の観察方法や種の同定方法についての実習を行いました。

 案内者

  • 原 真司(大学院農学研究科博士課程)

 概要

日時

2007年5月13日(日) 午前8時半−午後6時

場所
滋賀県高島市朽木(朽木生き物ふれあいの里)
参加者
21名 (学部生8 [総2;理1;農5]、 院生9 [農2;AA研7]、 教官2、 その他2)

 報告

最初に、案内者から説明があります。

2人ずつペアを組んで、樹木の観察と種同定を行います。

留学生チームは3人の留学生(ラオス、ミャンマー)に日本人2人が組んで、種同定を行いました。

採取した標本を図鑑で同定します。

全体で、種の同定の仕方を学び、議論します。

議論中。

議論中。

実習の後は、いつものとおり、温泉の露天風呂で汗を流します。

打ち上げのバーベキューです。まず、炭火をおこします。今回は21人と大人数なので、大掛かりです。

やっと落ち着きます。

暗闇の中、煙が立ち込めます。

おつかれさま。

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン