第29回 河川周辺の植生分布とその規定要因の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!第29回 河川周辺の植生分布とその規定要因
!!趣旨
今回は、3班に分かれて植生調査を行い、河川周辺の植生分布と地形や土壌との関係を考えました。川に直行する方向にトランセクトを設けて植生・地形・土壌調査を行い、川からの距離によって植生がどのように移り変わるか捉え、その要因を考察しました。実習の前の座学で調査方法や場所の検討を行い、また実習後にデータのまとめを行いました。
!!案内者
*平井将公(アジア・アフリカ地域研究研究科)
*藤岡悠一郎(アジア・アフリカ地域研究研究科)
*吉田美冬(アジア・アフリカ地域研究研究科)
!!座学の概要
::日時
2005年6月16日(木) 午後7時−
::場所
アフリカセンター新館(アジア・アフリカ地域研究研究科共同棟)5階ゼミ室
!!野外実習の概要
::日時
2005年6月15日(日) 午前8時30分−午後5時
2005年6月19日(日) 午前8時30分−午後5時
::場所
滋賀県高島市朽木周辺の河川上流域
::参加者
12名 (学部生2 [文1;農1]、 院生9 [AA研9]、 教官1)
!!報告
{{img kutuki01.jpg,height=300}}

川を横断するようにベルトトランセクトを設け、それに沿って測量をし、その地形断面 に沿って毎木調査を行いました。

樹木の種類と胸高直径と樹高を調べました。しかし、あまりに夢中で調査を行ったので、写 真を撮るのを忘れていました。

{{img kutuki02.jpg,height=300}}

このあたりは、クリとコナラの樹木が多いです。今度は、そのベルトトランセクトのなかの林床植生を調べました。

{{img kutuki03.jpg,height=300}}

議論中。

{{img kutuki04.jpg,height=300}}

{{img kutuki05.jpg,height=300}}

{{img kutuki06.jpg,height=300}}

{{img kutuki07.jpg,height=300}}

調査後はいつものように温泉で汗を流しました。調査で汗をかいただけに、温泉は気持ちいい。

{{img kutuki08.jpg,height=300}}

温泉のあとは、これもいつものように、バーベキューとビールで乾杯です。
トップ 一覧 検索 ヘルプ ログイン