第28回 遺跡にみる自然環境の変遷と人間活動の対応関係の検討

 趣旨

「遺跡にみる自然環境の変遷と人間活動の対応関係の検討」に関する野外実習

 講師

  • 宮本真二(琵琶湖博物館)
  • 森山宗保(守山市教育委員会)
  • 小野映介(名古屋大学・院)
  • 川畑和弘(守山市教育委員会)

 概要

日時

2005年5月15日(日) 午前10時−午後5時

場所
滋賀県守山:浮気南(ふけみなみ)遺跡、下之郷(しものごう)遺跡
参加者
26名 (学部生6 [文1;理2;農2;他大学1]、 院生15 [医1;AA研12;他大学2]、 教官2、 他機関研究員2、 社会人1)

 報告

今回は、はじめて、考古学的実習を行いました。考古学の遺跡現場を素材として、考古学の発掘手法、遺物や遺構の解釈方法、遺跡立地を検討するための技法、微地形変化や古環境変遷などを学びました。

JR東海道本線守山駅近くにある浮気南遺跡です。古墳時代前期を中心とした住居跡が見られます。実際に地面 を削って、土器破片の採集作業を行いました(もちろん、採集した土器の破片は、持ち帰ることはできません)。何か、宝物探しのような感覚で楽しいです。白いラインの内側に遺構が検出されています。地表面 を削って、土色、土質の違いから、遺構の範囲を特定します。白いラインは、その土色、土質の違いから判定された遺構の範囲を示します。

土器の破片を地面の上に左から右に、古い時代から新しい順に並べました。土器の質や厚さ、色の違いなどから作成時代の判別 方法を教えてもらいました。

遺跡発掘の際には、その場所の環境変遷を知るために、地面を掘って、土壌断面を調査します。

土壌断面から環境変遷を判別する方法を学びました。

土壌断面の下の方の層は、砂の層です。その砂層の中に丸い礫が含まれています。この砂層が堆積した弥生時代は、河川活動が活発であったことがわかります。その上は、シルトー粘土層で、この古墳時代には、この場所があまり河川活動が活発でなかったことがわかります。

下之郷遺跡です。弥生時代の環濠遺跡として有名で、国指定遺跡になっています。集落が三重の濠で囲まれていました。写 真の向こう側が一番内側の濠で、手前が二番目の濠です。一番外側の濠は写真に写っていません。環濠に取り囲まれた村は、約22haもあります。ここでは、石器、土器、木器が出土し、この一帯が今から約2100年前の弥生時代の村の跡であることがわかりました。当時の動植物や弥生人が使っていた様々な道具や生活跡が、そのまま残っています。環濠は、防御的役割のほか、生活用排水としても利用されたようです。「戦い」を行っていたことが推測される遺物が多く検出されています。

環濠の中の説明を受けます。

環濠の中には、弥生時代の遺構が見られます。

弥生時代の地層から、粘土質の土層の塊を取り出し、それを水で洗って、弥生時代の遺物を調べます。

土の塊を篩いに入れて、水で洗います。

弥生時代の木の枝や葉っぱ、木の実などが出てきます。

葉っぱとドングリが見えます。これらの葉っぱは顕微鏡で見て、弥生時代にこのあたりがどんな植生に覆われていたかを推測します。

これまで弥生稲は朝鮮半島や中国大陸から伝わった品種「温帯ジャポニカ」と考えられてきましたが、ここでは、現在の日本では栽培されていない「熱帯ジャポニカ」がたくさん出土しました。下之郷遺跡の熱帯ジャポニカは東南アジアや南西諸島からもたらされた可能性が高くなりました。さらに、環濠の中から、ゲンゴロウブナの頭の骨がたくさん見つかっています。見つかったゲンゴロウブナは産卵のために遺跡周辺にのぼってきたところを弥生人に捕らえられ、頭とエラ、内臓が環濠の中に捨てられたと考えられています。

こちらは、弥生時代の遺物よりも、弥生時代を含めた地層に興味ある人たちです。

地層を観察し、過去の環境変遷を復元します。

野外実習を終え、これから温泉で汗を流し、それから打ち上げです。お疲れ様でした。講師の方々、どうもありがとうございました。

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン