第27回 若狭湾の自然

 趣旨

「若狭湾の自然」に関する野外観察

 概要

日時

2004年7月10日(土) 午前8時−午後6時

場所
若狭湾
参加者
5名 (学部生1 [工1]、 院生3 [農1;AA研2]、 教官1)

 報告

本来は、大文字山にて地形と植生の関係に関する野外調査を行う予定であったが、豪雨のため、集合場所に来たのは当初の予定の半分だけで、急遽変更して若狭湾で自然観察をし、日本海の魚介類を堪能して来ようということになった。女性は誰も来なかった。

まずは小浜で、日本海の新鮮な魚介類を堪能する。

みな食べるのに集中して無言になる。

魚の絵と名前で議論が白熱している(ちょっとわざとらしいけど)。

庄司くんのカワハギとのキス。

カワハギの顔をまねしてみた。

山頂からみた若狭湾のリアス式海岸。

リアス式海岸の語源は何だったっけ?という話題になった。もちろん、スペインの大西洋岸「リアスバホス海岸」からきている。

巨岩が神として祀られている。

今日はずっと大雨だったが、若狭湾に着いたら雨がやんだ。リアス式海岸の鋸状の入り江がよくわかる。

頂でのわずかな晴れ間に、植生調査を行った。

断層崖の下をトンネルがくぐるところ。雨足がひどくなった。

京都への帰路の途中、余呉湖に寄った。余呉湖から見た賤ヶ岳。1582年の本能寺の変で織田信長が亡くなった後、豊臣秀吉と柴田勝家との間で覇権争いが起き、1583年(天正11)4月、この賤ヶ岳(標高422メートル)において秀吉が勝家を撃ち破ったのであった。その決戦が行われた地とは思えないほど余呉湖は静かなたたずまいを見せている。

京都大学自然地理研究会

本サイト掲載の文章と写真の著作権は各執筆者と撮影者に、また人物写真の肖像権は被写体にあります。商用・非商用を問わず、あらゆるコンテンツの無断使用・転載を禁じます。画像の無断ダウンロード等も禁じます。 お問い合わせ:spg.kyoto[at]gmail.com

Copyright © 2011 自然地理研究会 All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン