第2回 土壌観察・地形観察の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!第2回 土壌観察・地形観察
!!趣旨
「土壌観察」「地形観察」の野外実習
!!講師
*荒木茂(京大アフリカ研)【土壌】
*目代邦康(京大防災研)【地形】
!!概要
::日時
2001年7月1日(日) 午前9時−午後5時
::場所
滋賀県瀬田川大石周辺
::参加者
17名(学部生5、院生9、教官2、社会人1)
17名 (学部生5、 院生9、 教官2、 社会人1)
!!報告

{{img sfg3.jpg}}

山林の中の土壌断面1:斜面が急で土壌が流出するため、土壌が非常に薄い。A層は貧弱。

{{img sfg5.jpg}}

山林の中の土壌断面2:土壌断面1よりは斜面傾斜が緩いため、いくぶん土壌が厚いが、A層は貧弱。

{{img sfg8.jpg}}

土壌断面1の場所

{{img sfg7.jpg}}


土壌断面2の場所。

{{img sfg10.jpg}}

これから天井川を観察に行きます。このあたりは、花崗岩が風化し、その土砂が河床に堆積するため、天井川ができやすい。

{{img sfg12.jpg}}

「砂防発祥の地」の碑の前で。

{{img sfg13.jpg}}

花崗岩の風化様式について観察します。

{{img sfg14.jpg}}

花崗岩の風化を観察しているところ。

{{img sfg17.jpg}}

ポットホール(早瀬の渦動流によって河床の窪みに入った礫が回転運動を継続するうちに周囲が摩耗され、岩盤に穴があけられたもの)

{{img sfg18.jpg}}

花崗岩に発達するポットホールを観察する。

{{img sfg20.jpg}}

瀬田川で記念撮影。
トップ 一覧 検索 ヘルプ ログイン