トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

CIFOR(Center for International Forestry Research)

CIFOR(Center for International Forestry Research)

(写真左上:ヤウンデ市内にあるCIFORの看板。IITAやIRDなどのオフィスと同じ敷地内にある。写真右上:オフィスに貼られたCIFORのポスター(写真撮影/服部)。)

国際森林研究センターCIFORは、インドネシアのボゴールに本部をおく国際機関で、その地域センターがカメルーンの首都ヤウンデの郊外コルビッソン(Nkolbisson)に設けられている。ここには、近くに、同じく国際機関である熱帯農業研究所IITA(International Institute of Tropical Agriculture、CIFORはこの敷地の一部に建てられている)の支所や、カメルーン国立農業研究所(Institut de Recherche Agronomique)などがあり、農業・環境関連の研究施設が集まっている。

CIFORでは、森林とそのマネージメントに関する世界的な研究拠点として、カメルーンをはじめ、ガボン、コンゴ民主共和国、ガーナ、リベリア、ギニアなどの周辺国において調査や研究などの活動を展開している。カメルーンでは、熱帯雨林そのものに関する生態学的あるいは林学的な調査活動はほとんど行なっておらず、森林と人間の関係に関する調査活動を展開している。とくに、 (a)「森林と住民生活(Forests and Livelihoods)」、及び(b)「森林とガバナンス(Forests and Governance)」に関する2つのプログラムを中心に活動している。 これら2つのプログラムの参加者と研究テーマは以下の通りである。

森林と住民生活のプログラム

●Ousseynou Ndoye, Senior forest economist, Program Coordinator:「非木材森林産物の経済的価値」及び「保護活動に関する政策」

●Abdon Awono, Jurist, research assistant: 「非木材森林産物の経済的価値」及び「非木材森林産物の利用とコミュニティー」

●Danielle Lema, Sociologist, research technician: 「ジェンダーと非木材森林産物」及び「非木材森林産物の利用とコミュニティー」’

●Diomede Manirakiza, Economist, consultant: 「非木材森林産物の経済的価値」及び「非木材森林産物の利用とコミュニティー」

● Yves Minlo, research technician

「森林とガバナンス」のプログラム

●Chimere Diaw, Senior anthropologist, Program Coordinator: 「協同管理」及び「法的、慣習的制度」、「ガバナンス」

●Samuel Assembe, Jurist, research assistant: 「環境問題をめぐる地方分権」

●William Mala, Agro-ecologist, research associate: 「共同管理」及び「農業と森林の関係の生態学的変化」

●Paolo Cerutti, Ecologist-GIS specialist, Italian associate expert: 「違法行動と法による強制」

●Joachim Nguiebouri, research technician:「協同管理」及び「森林のマイノリティ」

●Cyprain Jum, Anthropologist, research associates: 「協同管理」及び「法的、慣習的制度」

●Ruben de Koning, political scientist, Dutch associate expert: 「森林をめぐる葛藤」

●Anne-Marie Tiani, Ecologist, research associate: 「協同管理」

●Mireille Zoa, Forest Engineer, research assistant: 「協同管理」

●Phil Rene Oyono, sociologist, national visiting scientist: 「協同管理」、「環境問題をめぐる地方分権」、「人間の生態学」、「森林のマイノリティ」

なお、カメルーンのCIFORは、これらの調査や研究などの活動と並行して、資料の収集整理活動もおこなっており、同センターの編集による「Cameroon Forests and Peoples」(CD版)には、これまでに発表されたカメルーンの熱帯雨林とその住民の関する100編余りの雑誌論文や報告書(PDFまたはWord版)や、多数のカラー写真、各種地図・テーマ図などが1枚のCDに収められている。