トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

関野文子

関心分野

生態人類学、文化人類学、アフリカ地域研究

研究キーワード

ピグミー系狩猟採集民バカ、シェアリング、食物分配、相互行為

研究歴

2014年4月 京都大学大学院 アジア・アフリカ地域研究研究科(ASAFAS)アフリカ専攻 入学

2014年8月〜12月 カメルーン東南部にてピグミー系狩猟採集民バカ(Baka)の食物分配について予備調査を行う。

2015年6月〜8月  カメルーン東南部にてピグミー系狩猟採集民バカ(Baka)の女性の生計活動および食物分配について調査を行う。

2016年10月〜12月  カメルーン東南部にてピグミー系狩猟採集民バカ(Baka)の女性の食物分配について調査を行う。

所属学会

・日本アフリカ学会 ・日本文化人類学会 ・生態人類学会

業績

学位論文

関野文子. 2016. 『狩猟採集社会における植物性食物分配−カメルーン東南部のバカの事例から』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究 研究科 博士予備論文(修士論文相当).

書評

・Sonoda,K.,Peng,Y.,Sekino,A.,Yanohara,Y.,Sekiguchi,K.,Hagino,I.,and Oishi,T. 2015.Book Review: Hunter-Gatherers of the Congo Basin:Cultures, Histories, and Biology of African Pygmies. New Brunswick:Transaction Publishers. Hunter Gatherer Research 1.2.

報告書

関野文子. 2017「カメルーン東部州狩猟採集民バカの女性による植物性食物の分配と社会関係」『生態人類学会ニュースレター』22. pp.20-23.

関野文子戸田美佳子. 2016「狩猟採集民研究50年目の再注目:第11回国際狩猟採集社会会議(2015年9月7日〜11日 於:ウィーン大学)参加報告」(学会通信)『アフリカ研究』89. pp.47-49.

園田浩司・二文字屋脩・関野文子. 2015「狩猟採集民研究の最前線 第11回狩猟採集社会会議(CHaGS-11)に参加して」(資料と通信)『文化人類学』80(3). pp.462-467.

関野文子.2015a. 「狩猟採集民バカの女性による植物性食物分配の実践」京都大学・学際融合教育研究推進センター・総合地域研究ユニット臨地教育支援センター.

・Sekino,A. 2015a. Practices concerning the Sharing of Plant-Based Food among Women Baka Hunter-Gatherers. Center for On-Site Education and Research. Integrated Area Studies Unit Center for the Promotion of Interdisciplinary, Kyoto University.

関野文子.2015b.「カメルーン熱帯雨林におけるバカ・ピグミーの分配行動と生計活動 ―『平等主義社会』を問い直す―」.京都大学・学際融合教育研究推進センター・総合地域研究ユニット臨地教育支援センター.

・Sekino,A.2015b.Sharing and Livelihood of the Baka Pygmies in the Tropical Rain Forest of Cameroon:―Reconsidering the “Egalitarian Societies”―. Center for On-Site Education and Research.Integrated Area Studies Unit Center for the Promotion of Interdisciplinary, Kyoto University.

エッセイ他

関野文子.2015.「森のディナータイム」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』:メルマガ写真館 第110回

関野文子.2016.「イモムシの煮物特定非営利活動法人アフリック・アフリカ『アフリクック』

学会発表

関野文子. 2016(口頭). 「女性による食物分配からみる狩猟採集民の社会関係」日本アフリカ学会. 6月4日-5日. 日本大学生物資源科学部. 神奈川県.

関野文子. 2016(口頭). 「女性による食物分配と生計方策―狩猟採集民バカの事例から―」生態人類学会. 3月22日-23日. 定山渓万世閣ホテルミリオーネ. 北海道.

その他活動

関野文子.2015.「狩猟採集民バカ(Baka)の言葉と生活」基礎演習(担当:松本美予)第6回アフリカの言葉.11月4日.龍谷大学.