トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ヤウンデの交通

交通

タクシー

市街一乗り200FCFA(2012年9月現在)。車の数も多く利用しやすい。札で払うときは乗るときに一言断る。タクシーにはだいたいの巡回コースがあり,それに乗ってない方向を言うと無視されて行ってしまう。「借り切り直行」のことを最近ではdepot (デポ) と呼ぶらしい。値段は交渉次第だが,おおよそ1,000程度。courseと言うともっと高くなるが,どういう違いかよく分からない。Nsimalen空港からヤウンデ市内までの片道料金は,交渉次第でさまざまだが,これまでの話では,最低で2,000FCFA,最高で6,000FCFA程度であるようだ。最近の相場は、4,000FCFAである。

バス

●小型乗り合いバス(ヤウンデ市内)

Camtelの横あたりにワゴンが並んでいる 。Biem-Assiなどヤウンデの中の少し離れた地区に行くとき便利。客引きに行き先を聞いて,合えば乗る。

●市内循環バス(ヤウンデ市内)

最近,市内循環バスが走るようになった。バスにSOCATUR (Societe Camerounaise de Transport Urbain)という表示がある。市内の交通の要所をめぐるらしいが,定時に来るとは限らないので,バスを待つよりはタクシーを拾った方が早いと土地の人は言う。

●高速バス(ドゥアラ方面のバス)

かつてヤウンデ中心部に集中していたバス会社が,やや離れた地区に分散させられた。目当ての会社名を言ってタクシーで直行するのが楽である。2,500,3,000,3,500など,会社によって料金が違う。Guaranti Expressは3,500。ドゥアラまで3〜4時間で到着する。大きい会社のに乗ると,途中でエンコしても後続のバスに乗れるので便利だという話がある。Central Voyage(出発ターミナルはMvog Mbi地区)はエアコンが付いている。途中で停車したら物売りがわっと窓際に集まってくる。"soya"という串焼き肉がたいへんうまい。

Guaranti ExpressのVIPクラスは、片道6,000、往復11,000。シートにゆとりがあり、エアコンが効き、クロワッサンとタンギ1本のサービスがある。出発ターミナルはヤウンデのQuartier Nsam、到着ターミナルはドゥアラのCarrefour deux eglises。(2012/09 亀井記述)

●高速バス(西部方面のバス 、Bafoussamなどへ)

ヤウンデ北部のEtoudi地区に西部方面のバス会社が集中している。Binam社の例では,料金2,000でBafoussamまでノンストップ4時間。他の都市へのバスは,大きい都市へは大型バスが行っているが,小さい都市へはぎゅうぎゅう詰めのバンしか行っていない。太ったおばさんの横に乗ると,ぶつかったときクッションになって助かるそうである…。しかしこれを乗り継げばたいていのところへは行ける。レンタカーを使わず,これで移動しても十分調査には行けるものと思われる。ただし,乗り場では,客引きがものすごく,タクシーのまわりに数十人集まって,トランクから勝手に荷物を引きずり出すやつも出て来たりするので注意が必要。さっさと「こいつに乗る」と言ってしまうのがいいようだ。

現地情報