トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ビザ

(1)日本でのビザ取得

カメルーンでは、学術調査をするための特別なビザは不要であり、通常の旅行者と同じビザを取得する。東京にあるカメルーン大使館でビザを取得する際には、下記のものが必要である。直接東京の大使館で申請した場合は、午前中に提出すると、翌々日の午後にはビザがおりる。

ビザの申請に必要な書類

・ パスポート(申請時に少なくとも6ヶ月以上有効期間が残っていること。)

ビザ申請書2枚(フォームは大使館HPからダウンロードできる。Faxでも取り寄せられる。また、在日カメルーン大使館で直接記入することも可能。写真2枚を添付)

・ イエローカード(黄熱病のみ必要)

・ 旅程表(入国と帰国の際のフライトの便名とカメルーン国内での簡単な旅程表)

・ 所属機関の代表者(部局長など)による推薦状

ビザ申請代金は、3ヵ月で12000円(2005年1月現在)。一時、 1年間(48,000)のビザが取れなくなっていたが、最近では、再び取れるようになったようである。しかし、ビザの期間及び料金については、たびたび変更されるので事前に確かめた方がよい。

[ビザの申請に関する問い合わせと書類の送付先]

カメルーン大使館 東京都世田谷区野沢3-27-16 Tel. 03-5430-4985

(2005年1月服部)

(2)カメルーンにおけるビザ延長と滞在許可書

カメルーン国内でのビザの延長や滞在許可書などの発行は、警察庁(Delegation Generale a la Serete Nationale )の移民局(Immigration)が扱っている。担当官はJylus Eben氏である。現在、入国ビザの延長は6ヵ月までしかできないことになっており、それ以上は滞在許可書(Carte de Sejour)が必要である。日本で3ヵ月のビザを取ってきた場合、カメルーンにおいて3ヵ月間の延長は可能であるが、6ヵ月のビザを取ってきた場合、カメルーンでさらに延長することはできない。ビザの延長には以下のものが必要である。

ビザの延長に必要な書類

・ 申請書 (滞在期間、目的を書いて自筆のサインをし、1,000FCFAの印紙を貼る)

調査許可書

・ パスポートのコピー

・ パスポートのビザのページ

・ 50,000 FCFA

■滞在許可書(carte de sejour)に必要な書類

・ 居住証明書*(certificat de residenceを滞在先の近くの警察署で取得し,1,000FCFAの印紙を貼る)

・ 身元証明書*(certificat de non-convictionを裁判所で取得し、1,000FCFAの印紙を貼る)

・ パスポートのコピー

・ 250,000 FCFA +3,000FCFA(写真撮影代)

*実際は、パスポートのコピーと申請料金を持ってオフィスに行くと、居住証明書と身元証明書は、係官が取りに行ってくれる。

(2005年1月 服部)

現地情報