トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

ジャー河遡行(MESSOK行)の変更点

-!1. 川縁のむら
+!1. 川縁(かわべり)のむら
-昼下がりの明るい日差しが照りつける村には、あまり人も居らず、ヤギとニワトリばかりが目立ち、なんとなく物憂い雰囲気が漂っていた。照りつける日差しと、それを照り返す白い地面、水の眩さには、わたしに秋野不矩が天竜川の浜辺を描いた「砂上」という作品を思い出させた。何軒かの軒先には、白い木の実(イルビンギア・ナッツ)が干され、また他の何軒かでは魚網が干されていた。ここは、「焼畑農耕民」の集落のはずなのだが・・・。
+昼下がりの明るい日差しが照りつける村には、あまり人も居らず、ヤギとニワトリばかりが目立ち、なんとなく物憂い雰囲気が漂っていた。照りつける日差しと、それを照り返す白い地面、水の眩さには、わたしに秋野不矩が天竜川の浜辺を描いた「砂上」という作品を思い出させた。何軒かの軒先には、白い木の実(イルビンギア・ナッツ)が干され、また他の何軒かでは魚網が干されていた。ここは、バクエレという「焼畑農耕民」の集落のはずなのだが・・・。