The Center for African Area Studies >>English

WWWを検索    サイト内を検索
センター長あいさつ
アフリカセンターのあゆみ
組織図
メンバー
プロジェクト
受賞
アクセス・お問い合わせ
リンク
question


kikin


africa_division


africa_division
asafas
アフリカセンター on Twitter
アフリカセンターTwilog
asafas
京都大学大学院アジア・
アフリカ地域研究研究科
京都大学
京都大学
Tembea
Tembea (Staff Only)
スペーサー

だれのための海洋保護区か
-西アフリカ水産資源保護の現場から-


スペーサー
残された小さな森

關野伸之 (著)

単行本: 368ページ
出版社: 新泉社 (2014/03)
ISBN-10: 4787714090
ISBN-13: 9784787714091
発売日: 2014/03

Amazon.co.jp

shinsensha.com

地域社会の持続可能な発展と、生物多様性保全の両立が理想的に語られる現場で、何が起きているのか。西アフリカ、セネガルにおける徹底的なフィールドワーク調査にもとづく、「理想の自然保護区」への問い。脅威にさらされた海洋や沿岸域の生物多様性の保全施策として世界的な広がりを見せる海洋保護区の設置。コミュニティ主体型自然資源管理による貧困削減との両立が理想的に語られるが、その現場で実際に発生している深刻な問題を明らかにし、地域の実情にあわせた資源管理を提言する。

序章 「理想の自然保護区」で / 第1章 世界に広がる海洋保護区とその悲劇 / 第2章 だれが魚を獲るのか / 第3章 海洋保護区はいかにつくられたか / 第4章 つくられたコミュニティ / 第5章 増える魚と減る魚――問われる科学の役割 / 第6章 エコツーリズムという幻想 / 第7章 環境NGOはだれのために動くのか / 第8章 だれの意見が正しいのか / 第9章 海洋保護区という言説を超えて

地域研究会
KUASS
シンポジウム
国際フォーラム
研究会
スペーサー
African Study Monographs 国際協力 社会貢献活動 書籍紹介 フォトギャラリー フィールドステーション
動画資料
スペーサー
公開講座
スペーサー
JASNET
スペーサー
FOSAS
スペーサー
KIBANS
スペーサー
InTokyo
スペーサー
brain

旧コンテンツ

インターネット連続講座 旧フォトギャラリー
スペーサー

Copyright © 2015 The Center for African Area Studies, Kyoto University. All rights reserved.