セネガルにおける高等教育の現場とイスラーム:イスラーム知識人から学生信者まで

内容

西アフリカにおいて、イスラーム、高等教育、政治とは密接に関わりあってきた。11世紀より点在したコーラン学校、植民地時代に作られたマドラサ、スーフィ教団の教育施設、アラブ地域からの支援を得たイスラーム学校等多様な機関が政治との関わりの中で変容を遂げてきた。また設立当初は宗教色が皆無だった大学キャンパス内にも80年代からムスリム団体が活動を展開し始める。セネガルの高等教育の現場におけるイスラーム発展の経緯について明らかにすると同時に、学生達の宗教実践について現代社会との繋がりから考察する。

講師

阿毛 香絵(京都精華大学創造戦略機構 特別任用講師)

日時・場所

2020年7月16日木)15時00分〜17時00分
オンライン開催になりました

対象

どなたでもご参加いただけます。
参加費は無料です。

お申し込み

以下の専用フォームに必要事項を記入の上、お申し込みください。
https://forms.gle/oZj1GtJHUpGV8u4r8
※ 申し込み者には、招待URLをお伝えします。
※ インターネットに接続されたスマートフォン、タブレット、パソコンがあれば、簡単にご視聴いただけます。

申込み締切り日時


2020年7月15日17時

お問い合わせ先

京都大学アフリカ地域研究資料センター
Tel: 075-753-7803
Mail:caaskyoto [at] gmail.com(at]を@に変えてください)

共催

日本アフリカ学会関西支部

ご注意・備考

会場併設の駐車場では、一般の方の駐車スペースを設けておりません。ご来場の際には、公共の交通機関をご利用くださいますよう、よろしくお願いいたします。