Akira TAKADA=

業績


業績

【学術雑誌論文】
  • 高田 明. 近刊. 赤ちゃんのエスノグラフィ:乳児及び乳児ケアに関する民族誌的研究の新機軸. 心理学評論.
  • Takada, A. forthcoming. Changes in Developmental Trends of Caregiver-Child Interactions among the San: Evidence from the !Xun of Northern Namibia. African Study Monographs, Supplementary Issue.
  • Takada, A. in press. Recapturing space: Production of inter-subjectivity among the Central Kalahari San. Journeys: The International Journal of Travel and Travel Writing 9(2): 114-137.
  • Takada, A. 2006. Explaining pathways in the Central Kalahari. In R. K. Hitchcock, K. Ikeya, M. Biesele, and R. B. Lee eds., Senri Ethnological Studies,"Updating the San: Image and reality of an African people in the 21st century". 70: 101-127.
  • Takada, A. 2005. Early vocal communication and social institution: Appellation and infant verse addressing among the Central Kalahari San. Crossroads of Language, Interaction, and Culture 6: 80-108.
  • 高田明. 2002. 「セントラル・カラハリ・サンにおける社会変容:人口動態,生業活動,乳幼児の体重の分析から」『アフリカ研究』60: 85-103.
  • 高田明. 2002. 「サンにおける養育行動とその発達的意義:ジムナスティック・授乳場面の特徴」『発達心理学研究』13(1): 63-77.
  • 小嶋秀樹・高田明. 2001. 「社会的相互行為への発達的アプローチ:社会のなかで発達するロボットの可能性」『人工知能学会誌』16(6): 812-818.
【学術論文】
  • Takada, A. forthcoming. A personal environment: The application of folk knowledge amongst the San of the central Kalahari Desert. In Handbook of indigenous knowledge and changing environments. Local and Indigenous Knowledge Systems (LINKS) Programme, UNESCO.
  • Takada, A. forthcoming. Pre-verbal infant-caregiver interaction. In A. Duranti, E. Ochs, and B. B. Schieffelin eds., Handbook of language socialization. Oxford: Blackwell.
  • 高田 明. 近刊. 「相互行為を支えるプラグマティックな制約:セントラル・カラハリ・サンにおける模倣活動の連鎖組織」 木村大治・中村美知夫・高梨克也(編) 『インタラクションの境界と接続』 京都: 昭和堂.
  • Takada, A. 2008. Kinship and naming among the Ekoka !Xun. In S. Ermisch (Ed.), Research in Khoisan studies, No.22, Khoisan languages and linguistics: Proceedings of the 2nd International Symposium, January 8-12, 2006, Riezlern/Kleinwalsertal. Cologne, Germany: Rüdiger Köppe Verlag Köln, pp.303-322.
  • Takada, A. 2008. Les pratiques de navigation dans le desert du Karahari (Botswana) chez les San: Exemple d'observation participante. In H. Norimatsu & N. Pigem (Eds.), Collection Cursus, psychologie: Les techniques d'observation en sciences humaines. Paris: Armand Colin, pp.132-141.
  • 高田 明. 2008. 「ナミビア北部におけるサンと権力との関係史」 池谷和信・武内進一・佐藤廉也(編) 『朝倉世界地理講座: 大地と人間の物語, 第12巻, アフリカU』東京: 朝倉書店, pp.601-614.
  • Takada, A. 2007. Changing locality and ethnic cohesion among the San in Ohangwena, Namibia. In Y. Fujioka and M. Iida eds., ASAFAS Special Paper, No.9, Globalisation and locality in Southern Africa: Views from local communities. Kyoto: Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University, pp.75-90.
  • 高田明. 2007. 「言葉の向こう側:セントラル・カラハリ・サンにおけるナヴィゲーション実践」 河合香吏(編) 『生きる場の人類学:土地と自然の認識・実践・表象過程』 京都:京都大学学術出版会, pp.141-183.
  • Takada, A. 2006. Embodied space: Actions within navigation practice in the Kalahari environment. Proceedings of Kyoto Symposium 2006: Crossing disciplinary boundaries and re-visioning area studies: Perspectives from Asia and Africa. Kyoto: ASAFAS & CSEAS Kyoto University, pp.21-32.
  • 高田明. 2006. 「グイ/ガナの養育者-乳児間相互行為:「サオ・カム」実践に関する覚え書き」 菅野盾樹(編) 『身体と動きの人間学』 大阪:大阪大学大学院人間科学研究科基礎人間科学講座基礎人間学・現代記号学研究分野, pp.95-104.
  • Takada, A. 2005. Mother-infant interactions among the !Xun: Analysis of gymnastic and breast-feeding behaviors. In B. S. Hewlett and M. E. Lamb eds., Culture, ecology and psychology of hunter-gatherer children. New Brunswick, NJ: Transaction Publishers, pp.289-308.
  • Takada, A. 2005. The importance of gesture and grammar in displaying directional markers: Evidence from the San of the Central Kalahari. In K. Sugawara ed., Construction and distribution of body resources: Correlations between ecological, symbolic and medical systems. Tokyo, Japan: The head office of the project on "Distribution and sharing of resources in symbolic and ecological systems: Integrative model-building in anthropology," pp.31-55.
  • 高田明. 2005. 「ナミビア北部におけるサンとオバンボの関係史」『アフリカレポート』40: 11-16.
  • 高田明. 2005. 「ブッシュマンは自然を覚えて旅をする」 水野一晴(編) 『アフリカ自然学』 東京:古今書院, pp.183-194.
  • 野中健一・高田明. 2004. 「砂漠の道標:セントラル・カラハリ・ブッシュマンのナヴィゲーション技術」 野中健一(編) 『野生のナヴィゲーション:民族誌から空間認知の科学へ』 東京:古今書院, pp.23-54.
  • 高田明. 2004. 「移動生活と子育て:グイとガナにおけるジムナスティック場面の特徴」 田中二郎・佐藤俊・菅原和孝・太田至(編) 『遊動民:アフリカの原野に生きる』 京都:昭和堂, pp.228-248.
  • 高田明. 2003. 「子どもの発達と文化:心理学と人類学」 片岡基明・吉田直子(編) 『子どもの発達心理学を学ぶ人のために』 京都:世界思想社, pp.208-231.
  • 高田明. 2003. 「南部アフリカのサンにおける社会的相互行為の発達に関する研究」 『京都大学大学院人間・環境学研究科博士論文』(未公刊)
  • Takada, A. 2002. The !Xu San: Poverty & tension. Cultural Survival Quarterly 26(1): 18-19.
  • 高田明. 1998. 「狩猟採集民サンにおける乳幼児の発達と養育行動」『京都大学大学院人間・環境学研究科博士予備論文』(未公刊)
【その他の出版物】
  • 高田明. 2009. 「旅の間にまに, 第1回, 東へ西へ: ナミビアを生んだサンの男の夜語り」 『地理』54(4): 11-17. 東京: 古今書院.
  • 高田明. 2009. 「母子接触」 日本文化人類学会(編) 『文化人類学辞典』 東京: 丸善, pp.490-491.
  • 高田明. 2009. 「身ぶり」 日本文化人類学会(編) 『文化人類学辞典』 東京: 丸善, pp.496-497.
  • 高田明. 2008. 「ナミビアのフィンランド人」 『関西日本・フィンランド協会ニュース』 2008年2月29日, pp.4-5.
  • 高田明. 2006. 「キリンの足跡」『エコソフィア』17: 46-47. 京都: 昭和堂.
  • Takada, A. 2005. Comment on “Parent-Offspring weaning conflicts among the Bofi farmers and foragers of Central Africa” by Hillary N. Fouts, Barry S. Hewlett, and Michael E. Lamb. Current Anthropology 46(1): 44-45.
  • Takada, A. 2000. "The San"in Ohangwena, Namibia: Lifestyles of the !Xu and Hai‖om. Report presented to UNESCO, Windhoek.