大学院生紹介

大学院生

アフリカ地域研究専攻に所属する大学院生は、それぞれにテーマを設定し、研究活動に従事しています。以下に、大学院生の名前と研究テーマを挙げます。リンクのある学生については、研究内容や業績などについての情報が記載されています。

菅野 直美 HIV/AIDSが社会に与えるインパクトに関する研究
神代 ちひろ アフリカ農村における女性住民組織に関する研究:ブルキナファソ女性の生活実践
近藤 有希子 紛争後のルワンダにおける親密圏の変容
桐越 仁美 西アフリカ・サバンナ地帯の生業構造と商業ネットワークに関する研究
稲角 暢 牧畜民の定住化にともなう放牧管理の新展開とその社会的意義:ケニア・ポコットの事例
川口 博子 殺人をめぐる負債と規則に関する研究:ウガンダ北部紛争後のアチョリ社会を事例に
角田 さら麻 タンザニア・ペンバ島における家屋の建築様式に関する生態人類学的研究
原 将也 アフリカ農村における農耕民の生業構造と社会変容に関する研究
前畑 晃也 マダガスカル南部乾燥地域における河川流域生態系の保全的研究:森林性鳥類の視点から
浅田 静香 ウガンダ都市部における植物残渣から作られた調理用バイオマス燃料に関する研究
松隈 俊佑 観光ロッジの利権をめぐる住民間の軋轢と折り合い:ケニア南部、ションポーレ・マサイの事例
宮木 和 タンザニア北部・エヤシ湖岸のダトーガ牧畜社会における土地の囲い込みの拡大に関する研究
山崎 暢子 紛争後社会における生活再建の動態に関する研究
中澤 芽衣 ウガンダ南西部の農村におけるHIV感染が女性世帯に与える日常生活の変化
関口 慶太郎 再定住地に暮らすブッシュマンの間にみられる雇用体系の変容
高村 伸吾 コンゴ民主共和国東部州における流通網の現状とその再建
御手洗 なつ実 フランス語圏アフリカ人のアイデンティティ:他地域のフランス語圏に住むアフリカ系の人々のアイデンティティとの関連において
池邉 智基 セネガルのイスラーム・スーフィー教団ムリッドの分派バイファルの宗教的実践
魚住 耕司 カメルーン農村における開発プロジェクトとその影響:伝統的相互扶助に注目して
江端 希之 マダガスカル・イメリナ地方における聖地の生成と発展―王霊・精霊祭祀の社ドゥアニとその番人ピアンジュの役割に注目して―
栗山 康弘  
小林 大輝 ガボンの熱帯雨林における森林資源の利用に関する研究
関野 文子 狩猟採集社会における女性による植物性食物分配―カメルーン東南部の狩猟採集民バカの事例から―
堀 光順 ウガンダ南西部の人口稠密地域における斜面農耕と自然利用に関する研究
横塚 彩 コンゴ民主共和国ワンバ地域におけるボノボと地域住民の共生について
善積 実希 ケニア・サンブル社会における身体障害者の生活実践に関する研究
田 暁潔 牧畜社会における在来生態知の習得・実践・継承:ケニアのマサイを事例にして
Kamgaing Towa Olivier William Modelling Wildlife Dynamics and Bushmeat Hunting to Enhance Sustainability in Afrotropical Rainforests:The Case of Forest Duikers (Cephalophus spp.) in Southeastern Cameroon 
アフリカ熱帯林の持続可能性向上ための野生動物個体数動態と狩猟活動のモデリング:カメルーン西南部における森林性ダイカー (Cephalophus spp.) の事例
阿部 亮吾 タンザニアにおけるインフォーマル・セクターの社会的・文化的意義
大谷 琢磨 ウガンダ都市部における若年者の就業に関する研究:バイクタクシーという仕事に着目して
川股 一城 エチオピアにおける表象文化とアイデンティティの研究
瞿 黄祺 タンザニアにおける在来稲作
杉山 由里子 ブッシュマンの死生観と民族意識
多良 竜太郎 東アフリカの自然資源管理:木炭生産に着目して
堀高 まなは セネガル共和国における音楽実践の諸相とその変容:タマに着目して
村津 蘭 呪術、宗教が現在アフリカ社会に及ぼす影響
上村 知春 エチオピア・アムハラ州における病気観・身体観に関する医療人類学的研究
綾仁 荘子 マダガスカルにおける食肉目の生態学的研究
井上 満衣 紛争予防における教育の役割
岩井 彰弘 西アフリカ・ベナンの半乾燥域における気候変動と農村生活
大塚 亮真 ウガンダのブウィンディ原生国立公園とその周辺地域におけるゴリラの保全活動と地域住民
鈴木 翔子 紛争後のルアンダにおける日常生活の変容に関する研究
Seera Georgina The coexistance of obesity/overweight and underweight/hunger in Uganda(ウガンダにおける飢餓と肥満の併存状態に関する研究)
土井 保真利 アフリカにおける野生動物と人間の共存
殿内 海人 セネガルのイスラーム教団系相互互助組織ダイラによる人間の安全保障
平野 亮 タンザニア農業の機械化とブリコラージュ
平山 草太 カメルーン・アダマワ州におけるムスリムの商業活動
松井 梓 モザンビーク北部農村における社会ネットワークの動態
松原 加奈 東アフリカの製造業における人材育成・人的資源管理

研究員・研修員・研究生

姜 明江高齢者の医療アクセスと孤立化防止に関する研究
宮田 寛章 トーゴ南部エウェの宗教実践における社会的交渉と身体
安部 麻矢 アフリカの言語接触に関する記述研究: タンザニアのマア (ンブグ)語を中心に
座馬 耕一郎 霊長類の夜間行動、霊長類とシラミの関係
仲尾 周一郎 近現代ナイル峡谷におけるアラビア語ピジン・クレオールの生成に関する通時的研究
藤田 知弘 熱帯山地雨林拡大メカニズムの解明
藤本 麻里子 タンザニアにおけるダガーの漁獲・加工・流通および資源保全に関する研究
松本 美予 南部アフリカ山岳地における社会変化と農村環境史
山科 千里 シロアリ塚が生み出す南部アフリカモパネ植生帯の生物多様性についての研究
朝田 郁 インド洋西部地域におけるアラブ移民ハドラミーとアラウィー教団の研究
青木 敬 カーボ・ヴェルデ諸島におけるクレオール文化研究:歌謡モルナの視点から
市野 進一郎 マダガスカルにおける小規模森林の生物多様性保全に関する研究
泉 直亮 東アフリカ農牧社会における社会・経済変容と地域住民の共存
楠 和樹 北ケニアにおける国家・市場・家畜―植民地統治期以降の家畜交易をめぐって
坂井 紀公子 『いちばにおける女性の商業活動』『女性の金融活動』『ウガンダ北部における「うなづき症候群」』に関する研究
孫 暁剛 アフリカ乾燥地域における自然災害の増加に対する牧畜社会の理解と対応に関する研究
大門 碧 ウガンダ共和国の首都カンパラで公演されるショー・パフォーマンスに関する文化人類学的研究
彭 宇潔 身体装飾と民族関係:カメルーン東南部の狩猟採集民と農耕民を事例に