太田 至 OHTA Itaru
教授
専門分野:アフリカ地域研究、人類学
キーワード:ローカル・プラクティス、在来性、開発、リスク・マネージメント、紛争、平和構築、共存
プロフィール・業績:アフリカ地域研究資料センター 個人HP

担当講座:地域動態論

これまでに私は、アフリカの乾燥地域にひろがる牧畜社会を対象として、家畜─人間関 係の諸相を人類学の立場から解明してきた。具体的には、家畜の社会行動と管理技術、家 畜をめぐる認識体系、家畜の移譲を媒介として結ばれる社会関係などである。現在は、家 畜の飼養と深く結合した文化をもつ人びとが、乾燥地域という生態学的な条件のもとで、 開発と発展という現代的問題にどのように対処しているのかという課題にとり組んでいる。

〔社会動態論Ⅰ、地域研究論、地域動態論研究演習Ⅰ~Ⅳ、アフリカ論課題研究Ⅰ~III、アフリカ地域研究公開演習、アフリカ臨地演習Ⅰ~III〕

院生インタビュー:太田 至 先生へのインタビュー(2013年),
太田 至 先生へのインタビュー(2005年)
京都大学教育研究活動データベース
科研費データベース
メールアドレス:ohta@asafas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]