太田至先生が編者となっている著書(African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions)が、カメルーンの出版社LANGAAより出版されました。

編者は、ゲブレ・インティソ(アジスアベバ大学)、太田至(京都大学)、松田素二(京都大学)の3人です。以下のサイトでは、3人の研究者(小泉潤二先生、Bahru Zewde先生、峯陽一先生、Mahmood Mamdani先生)による推薦文を読むことができます。アマゾンからも購入することができます。
http://www.africanbookscollective.com/books/african-virtues-in-the-pursuit-of-conviviality

この著書は、基盤S「『アフリカ潜在力』と現代世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域研究」のプロジェクトの成果です。
http://www.africapotential.africa.kyoto-u.ac.jp/mms/