研究者が海外で不測の事態に遭遇した際の対応策を検討する研修「海外危機管理シミュレーション」を実施しました。

アフリカ地域研究資料センターが主催者となり、2017年2月1日に「海外危機管理シミュレーション」を開催しました。このシミュレーションでは、海外において教員、研究員、学生が遭遇する不測の事態にどう対処するのか、アフリカ地域研究資料センターの教員、アジア・アフリカ地域研究研究科の大学院生、学内で関係する部署の職員など、計50人が参加し、研修を受けました。

この研修では、航空券を手配する株式会社マイチケット、海外旅行保険サービスを提供するAIU損害保険株式会社の協力を得て、具体的な交通事故を想定し、時間の経過とともに具体的な対応策を検討していきました。

事故に遭遇した本人がとるべき行動のほか、重篤な場合における負傷者の事故現場から高度医療機関への搬送、日本側の家族や大学関係者、旅行保険会社への連絡方法の確保、家族や教員、医師による日本からの救援を迅速におこなうための体制をこれまで以上に整備する必要性を確認しました。現地での医療機関の情報や緊急連絡網の構築など、研究者が個人レベルで危機管理を徹底していく重要性を学びました。

アフリカ地域研究資料センターとアフリカ地域研究専攻では、アフリカ各国での危機管理を強化させていくとともに、学内だけでなく日本中で活用できる危機管理体制の構築をめざしていきます。

京都大学Webサイトでも本研修について報告されています。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/education-campus/events_news/department/africa/news/2016/170201_1.html

研修の趣旨を説明する伊谷樹一専攻長

時系列に発生する課題と対策を解説する山田和生代表取締役(株式会社マイチケット)