ケニア

教員

名前 研究テーマ
太田至 アフリカ牧畜社会の動態に関する研究およびアフリカにおける紛争と平和構築に関する研究/『アフリカ潜在力 シリーズ全5巻 (2016 総編集)』、『African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions (2017 共編)』
池野旬 『ケニア脱植民地過程におけるヨーロッパ人大農場部門の解体(1990)』、『ケニアの農村階層分化に関する一考察:移動労働者の送金をめぐって(1988)』
高橋基樹 東アフリカ諸国の政治経済と開発に関する研究/『開発と共生のはざまで-国家と市場の変動を生きる(2016共編)』、『開発と国家:アフリカ政治経済論序説(2010)』

研究員

名前 研究テーマ
孫暁剛 アフリカ乾燥地域における自然災害の増加に対する牧畜社会の理解と対応に関する研究
坂井紀公子 『いちばにおける女性の商業活動』『女性の金融活動』に関する研究
楠和樹 北ケニアにおける国家・市場・家畜―植民地統治期以降の家畜交易をめぐって
田暁潔 牧畜社会における在来生態知の習得・実践・継承:ケニアのマサイを事例にして

大学院生

名前 研究テーマ
稲角暢 牧畜民の定住化にともなう放牧管理の新展開とその社会的意義:ケニア・ポコットの事例
松隈俊佑 観光ロッジの利権をめぐる住民間の軋轢と折り合い:ケニア南部、ションポーレ・マサイの事例
善積実希 ケニア・サンブル社会における身体障害者の生活実践に関する研究
池本春美 女性起業家にとっての職業訓練の役割:ケニア・ナイロビ近郊における女性縫製士の事例

過去に在籍していたメンバー

教員

名前 研究テーマ
田中二郎(名誉教授) 『A Study of Ecological Anthropology on Pastoral and Agrico-Pastoral Peoples in Northern Kenya (1980 編)』
市川光雄(名誉教授) 『A Preliminary Report on the Ethnobotany of the Suiei Dorobo in Northern Kenya (1987)』、『The Utilization of Wild Food Plants by the Suiei Dorobo in Northern Kenya (1980)』
水野一晴(1998-2014 准教授) 温暖化に伴うケニア山の氷河の後退と植生の遷移に関する研究 /『アフリカ自然学(2005 編)』
佐川徹(2011-2014助教) 『暴力と歓待の民族誌―東アフリカ牧畜社会の戦争と平和(2011)』

研究員 / 大学院生

名前 研究テーマ
庄司航 西北ケニアのトウルカナ社会における家畜の採食行動と放牧地の植生
内藤直樹 北ケニア牧畜民アリアールの開発・移動性・アイデンティティに関する民族誌的研究
中村香子 ケニア・サンブル社会における年齢体系の変容動態に関する研究-青年期にみられる集団性とその個人化に注目して-
西尾咲子 ケニア・ナイロビの同時代美術に関する研究 ―インフォーマル居住区を拠点とするアーティスト集団のスラム表象と近隣社会関係―
山根裕美 ケニア、ナイロビ国立公園とその周辺に生息する野生ヒョウの保全生態学
吉川久美子 多様性の受け皿としての在来“品種群” -ケニア東部ウカンバニにおける作物の品種概念について-
Mutua Charles Musyoki Human- Wildlife Conflict in Kenya: Crop Raiding by Elephants and Other Wildlife in Mahiga ‘B’Village of Nyeri District