カメルーン

教員

名前 研究テーマ、関心領域/主な研究成果
木村大治 (広義の)生態人類学にかかわるもの、コミュニケーション, 相互行為にかかわるもの/『括弧の意味論(2010)』『共在感覚(2003)』
平野(野元)美佐 アフリカ都市、都市人類学、頼母子講、貨幣、コミュニティ、カメルーン、沖縄、模合/『アフリカ都市の民族誌(2005)』
安岡宏和 生態人類学/『バカ・ピグミーの生態人類学(2011)』

研究員

名前 研究テーマ
塩谷暁代 カメルーン都市部における零細商業と女性商人の社会ネットワーク形成に関する研究/カメルーン農村部におけるキャッサバ生産・加工・販売に関する研究
彭宇潔 身体装飾と民族関係:カメルーン東南部の狩猟採集民と農耕民を事例に

大学院生

名前 研究テーマ
Kamgaing Towa Olivier William Wildlife Abundance and Bushmeat Hunting in Southeast Cameroon: Implications for Sustainable Management in African Rainforests
魚住耕司 カメルーン農村における開発プロジェクトとその影響:伝統的相互扶助に注目して
平山 草太 カメルーン・アダマワ州におけるムスリムの商業活動

過去に在籍していたメンバー

教員

名前 研究テーマ、関心領域
田中二郎 人類学、地域研究、カラハリ砂漠、狩猟採集民ブッシュマン、近代化、先住民
市川光雄 人類学、アフリカ地域研究/熱帯フリカにおける自然と人の共存/野生動物、森林保全、 資源利用、在来知
荒木茂 熱帯土壌学、熱帯農業生態学/アフリカの赤土研究、実践的地域研究、焼畑、キャッサバ、仮想地球

研究員 / 大学院生

名前 研究テーマ
稲井啓之 カメルーン熱帯雨林域における漁撈活動
大石高典 カメルーン東南部における農耕民=狩猟採集民関係―市場経済浸透下のエスニック・バウンダリーの動態―
小山田志保  
四方篝 アフリカ熱帯雨林における焼畑の潜在力―自給作物生産と商品作物生産の両立にかんする農業生態学的研究―
關野文子 狩猟採集社会における女性による植物性食物分配―カメルーン東南部の狩猟採集民バカの事例から―
園田浩司 カメルーン狩猟採集民バカの子どもにおける社会的相互行為
戸田美佳子 カメルーンにおける障害者の社会性?生業とケアの実践に関する人類学的研究ー
服部志帆 熱帯雨林保護と地域住民の生活・文化の両立に関する研究-カメルーン東南部の狩猟採集民バカの事例からー
早坂麗子 カメルーン・フルベ社会における「ボロロ」をめぐる人類学的研究
林耕次 カメルーン南東部におけるバカ・ピグミーの狩猟活動に関する生態人類学的研究
平澤綾子 定住化した狩猟採集民バカ・ピグミーの養育行動
分藤大翼 カメルーン南東部、バカ・ピグミーの精霊儀礼と音楽実践における社会的相互行為
安田章人 アフリカの自然保護区におけるスポーツハンティングと地域住民の生活実践に関する研究-カメルーン共和国北部州ベヌエ国立公園を事例として-
矢野原佑史 カメルーンにおけるヒップホップ・カルチャーの民族誌
山口亮太 カメルーン東南部の農耕民バクエレにおける妖術をめぐる実践と語り
Papa Saliou Sarr Sustainable production of Cassava in Eastern and Southern Cameroon